ミムラ「西郷どん」抜擢!躍進の陰にあった休業2年間の苦悩

投稿日: 2017年12月02日 16:00 JST

関連キーワード

image

 

「10年にNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』、12年にはNHK朝ドラ『梅ちゃん先生』に出演しています。そのときの熱演ぶりが評価されて、今回も重要な役どころで抜擢されることになりました」(NHK関係者)

 

1月17日から始まるNHK大河ドラマ『西郷どん』で、大久保正助の妻・満寿役を演じているのが、ミムラ(33)だ。

 

今年6月からNHK BSプレミアム『ソースさんの恋』で主演を務めていたミムラ。千葉雄大(28)演じる美大生と“10歳差”の恋に落ちるという、難しい役どころを熱演。その現場では、周囲も驚くほどの“綿密な役作り”をしていたという。

 

「ドラマでは互いに惹かれ合う役どころですが、ミムラさんは千葉さんと事前に打ち合わせする時間があまりとれなかったそうです。そのためよそよそしい感じがでてしまうのではないかと心配した彼女は、『本能に訴えかけよう!』と考えて現場に香水やハンドクリームなどの匂いを現場に持参。千葉さんに好きなものを選んでもらって、それを毎日つけて撮影に臨んだそうです。『そこまで役を作りこむとは……』と、スタッフも絶賛していました」(前出・NHK関係者)

 

だがミムラが躍進を遂げるまでには、挫折もあった。03年にドラマ『ビギナー』でいきなり主演に大抜擢され女優デビューを果たしたミムラだが、当時は自ら置かれた立場の重さに苦悩。そのため06年に一度リセットすべく、2年間の“休業生活”に入っていたのだ。

 

「休業中は読書をしたり旅行に出かけたりして、映画や芝居も女優ではなくイチ観客の立場で観ていたそうです。そのうちに女優という仕事のすばらしさを再認識し、『私は何を悩んでいたんだろう』と復帰を決意しました。そこから新人になったつもりで演技を勉強しなおし、今では誰よりも芝居が好きと言えるほどになったといいます」(芸能関係者)

 

回り道をしたからこそ、女優としての引き出しを多く持てるようになったミムラ。新大河でも視聴者を惹きつけてくれることだろう。

【関連記事】

ミムラが意味深発言「どうしても嫌なのはウソ」

北川景子 誕生日にDAIGOと誓った「今年は仕事第一」の理由

堤真一 大河主演辞退報道の陰で…第2子が誕生していた!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング