狩野英孝がロンハー復活 新曲フレーズが「流行る」と話題

投稿日: 2017年12月16日 08:00 JST

image

 

12月15日放送の『金曜☆ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に芸人の狩野英孝(35)が出演。自身が扮するアーティスト「50TA(フィフティーエー)」として披露した曲のフレーズが、「これは流行る」と話題になっている。

 

『金曜☆ロンドンハーツ』のドッキリ企画をきっかけに「50TA」名義で歌手デビューした狩野。しかし、今年1月に女子高生との淫行疑惑が報じられ謹慎処分に。それに伴い「50TA」での活動も休止となっていた。

 

番組では6月1日の謹慎解除を受けて、「50TA復活ライブ」を行うというドッキリを敢行。1000人の観客に協力してもらい、狩野がノリにノッたところで落とし穴に落ちネタ晴らし……という大掛かりなドッキリとなった。

 

ライブ前、謹慎中に一番パワーをもらったのは「応援してくれるファンたち」と語っていた狩野。「あのとき(謹慎中)は氷漬けにされてた感じ。皆の応援の熱で氷が溶けて復活したみたいな」と語り、その気持ちを「僕はマンモス」と例えた。

 

そんなファンへの感謝の気持ちを込めた曲『ありがとうございます』を演奏すべく、狩野は1カ月ピアノを猛特訓。ライブの最後に弾き語りで披露した。サビでは「すごくありがとう」という意味を込めて「マンモスありがとうございます」と熱唱。復帰への喜びを歌い上げた。

 

このフレーズが視聴者の心を掴んだようで、Twitterでは

《今回の50TAマンモスおもろかった!》

《マンモスありがとうございます明日からマンモス使おう》

《復活マンモスうれしい》

など「マンモス○○」というツイートが多く呟かれ、「マンモス」がTwitterトレンドに入るなど反響を呼んでいる。

 

さらに「50TA」もYahoo急上昇ワードワンキング2位(12月15日22時更新分)にランクイン。狩野の満を持しての「ロンハー復活」は、“マンモス成功”したようだ。

【関連記事】

狩野英孝 宮城から上京…活動再開の陰にあった「実母の謝罪」

狩野英孝 謹慎処分解除発表にファン「おかえり」と歓迎

狩野英孝の淫行疑惑に元カノ・加藤紗里が涙で「また便乗」と逆効果!?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング