GENKING 性別適合手術後…最大の変化は“インスタ映え”

投稿日: 2018年02月13日 18:00 JST

image

 

《私GENKINGは、去年本来生まれるべき女の子に生まれ変わり、名前も元輝(げんき)から沙奈(さな)になりました。戸籍も女性です》

 

昨年5月にタイ性別適合手術を受けていたことを告白したタレントのGENKING(年齢非公表)。1月29日深夜に自身のInstagramで手術前夜に撮影した動画を公開したところ、再生回数が126万回を超えるなど、大きな反響を呼んでいる。同日VTR出演した『ノンストップ』(フジテレビ系)では、性別適合手術後の心境の変化を赤裸々に語った。

 

「ユニセックス(中性的)でやっていた時はバラエティー番組とかたくさん出させていただいたんですけど、本来がユニセックスではないじゃん。だから本心ではやりきれなかったわけ。いまは本来あるべき姿に戻っているので、GENKING第2章として一から頑張れたらいいなと思います。夢はやっぱり……結婚かな!」

 

戸籍上の性別も本名も変わり、さまざまな変化があったことだろう。なかでも最大の変化は「“インスタ映え”がどうでもよくなった」ことだという――。

 

ファンの女性はこう語る。

 

「彼女がインスタで有名になったころからずっとフォローし続けていますが、たしかに最近の投稿はいままでとは違っています。これまでは、何100万円もするエルメスやシャネルのバッグや、ルブタンの靴など、高価なブランド物の写真が並んでいました。ラグジュアリーな生活に憧れはするものの、親近感がわかないっていうか……。その頃はアンチも多かった気がします」

 

過去には1,000万円の借金をしてまで“インスタ映え”を気にしていたという彼女。そんな彼女のインスタはどのように変化しているのか。

 

「性別適合手術を公表してからの彼女のインスタは、部屋着姿の自撮り写真やスタッフと一緒に写っている写真など、投稿されるものすべてが“等身大の自分”を切り取ったものなんです。本来の自分に戻ることができたからこそ、肩肘を張って生きていく必要がなくなったのでしょう。ますます彼女のことが好きになりました」

 

GENKING第2章から目が離せない――。

【関連記事】

GENKING「バス代すら惜しんで…」シングル母への感謝語る

GENKING 性適合手術前夜の動画が「めちゃ泣ける」と大反響

「小4で金髪にカラコン」大ブレイク“GENKING”が誕生するまで

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

俳優の実力見せたB1A4ジニョン 今後の活動について激白2018.01.30

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、ソロでは初登場となるB1A4のジニョン。日本の地上波でも放送され、話題を呼んだドラマ『雲が描いた月明り』で時代劇に初挑戦。最旬スター、パク・ボゴムが演じる王...


ランキング