ゆるすぎて新しい!? こんな番組あっていいのか!『玉ニュータウン』ってなんだ?

投稿日: 2009年09月29日 00:00 JST

ゆるすぎて新しい!? こんな番組あっていいのか!
東京以外の関東近県では大人気の『玉ニュータウン』ってなんだ?
2009年7月26日、日比谷公会堂 第4回交流会(玉ニュータウン市民大交流会)レポート

突然の招待状に「『玉ニュータウン』ってなんだ!?」と思う間もなく2009年7月26日、日比谷公会堂で行われた 第4回交流会(玉ニュータウン市民大交流会)に参加させられたDJtabaです。ところが日比谷公会堂をぐるりと囲む人人人・・・。はぁ、これを2回もする?って一体どれだけの動員があるの?と頭の中が謎だらけのDJtabaだったわけです。で、イベントのオープニングはいきなり水木一郎兄貴の『マジンガーZ』の大熱唱。「こ、これはぁ・・・」といきなりテンションのあがるDJtabaを尻目に現れた西舘さをり&神玉ことポンピクンありさ&「スナックともこ」のママともPこと中野とも子。そのぐだぐだでユルユルの進行に、日々企業戦士として働くDJtabaの思考は完全に止まったわけです。
     imageimageimage
さて、『玉ニュータウン』とはなにか?公式サイトによれば・・・

玉ニュータウンは“さいたま市”と“川口市”の間にある、ユルユルな人にしか入れない、とってもユルユルな街。面積約111.7km2の豊かな自然に囲まれた平野地帯。この街には、市長美人秘書警察署長の他にも、ダメホスト、や心理テスト好きのスナックのママなども住んでおり、 悩み事のない安らぎと癒しタップリの毎日が展開されてます。 現在の主な財源はチューインガムの生産。名産品はバランで全国の90%の生産量を誇ります。 毎年3月に五穀豊穣を祈るためネギ祭りが行われる。とされていますが、 玉ニュータウンは、財源、名産品、行事、市政等が市長の独断と偏見で変わります。 そして市長に気に入られれば、 この街に興味を持った人の考えも市政に反映されるかもしれないというとても個性的な街です。
     imageimageimage
とのこと。????ですよね。しかし、全国9局までオンエアを伸ばしている秘密はなにか?そしてなぜ東京では放送されないのか?数々の謎をはらんでイベントはスタート。今回は新市長公開選挙とのこと。で、現れたのがボビー・オロゴン。なんのことよこれという間もなく市長選挙に突入。で、だいたい市長ってなに?

と主要登場人物。
                             image                         
市長 ヒデオ
当初はポイズン症候群という病気の為、 タマゴの殻が割れずフルモデルチェンジができなかったが、 その後、何気なく真の姿を表した。
現在は2次元から3次元へと変身中。
警察署長 ツネアキ
左手に持っている拳銃はトカレフで、帽子はCOS〇Aのオーダーメイド。 市長秘書キャサリンとあやしいカンケイ。
市長秘書 キャサリン
本名は「トシコ」だが、公の場では強制的に「キャサリン」と呼ばせている。 つい「トシコ」と呼んでしまうと、彼女に月に変わってフルボッコされる(※警察署長は別)。 眼鏡はル〇ネで購入。
さをり
フルネームは西舘さをり。 植木を買って川口市からさいたま市へと歩いている途中、謎の光に包まれて玉ニュータウンへと迷い込み、 玉ニュータウンの市民となり、そのまま市役所で働く事になった。
という面々。さっぱりわからんですよね。で、詳しくは
http://www.teletama.jp/tamanew/index.htmへ行ってください。


imageimage
さて、わけのわからないままイベントが進みいよいよ終演。その時アナウンスが「本日の取材には女性自身・・・」に会場が「えええぇ~っつ!!」のどよめき。しまった、やられた、これでは取材しなければならないじゃぁないかぁ。でもね、結構気に入っちゃったDJtaba。管理人権限で、新コーナー作っちゃおう!ってことで、次回の『玉ニュータウン』に潜入取材が決定!Web女性自身での新連載決定であります!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング