大橋純子~vol.4 歌手人生の転機

投稿日: 2009年06月26日 00:00 JST

note35年の中で、振り返ってみて「この歌で変わった」といった大きな転機となった作品はありますか?
Is0n8391 大橋:これまでも何度も語っていると思いますが、1978年に発売した『たそがれマイ・ラブ』は私にとって初のビッグヒットになった曲。それと『シルエット・ロマンス』。この2曲は私にとって本当に大きな財産の曲ですよね。この曲があったからこそ、いまだに私は現役としてステージに立てているし、今でもみなさんにも聴いていただいているし、私の存在っていうのがたぶんあると思うんですね。そういった意味では、本当に歌の力の大きさっていうのを改めて感じましたね。それとは別に、自分の曲以外に2年前にカバーアルバムをやったときは、歌手としてここにきてもう一つ本当に勉強になった。歌を歌うということの大変さと、違う意味の楽しさ、コレが本当に改めて感じられた。この発見はとても大きいです。

noteそもそもは故郷の夕張のためにそうされたんですよね。
大橋:当初は、カバーアルバムを作ろうっていう発想はなかったんですよ。ただ、何ができることを、と言われても何ができるのか? やっぱりお年寄りも多いですしね、市民のために歌を届けるんだったら、今の私のまったく聴いたことのない新曲を聞いてください!というよりも、ひょっとしたら、みなさんの馴染みのある歌で、こういう歌聞いたことあるでしょ?ってほうがいいかなぁって。和む、という意味を考えたらやっぱりカバーだよねってそのとき思ったのね。それで初めてカバーというものをやってみて人の曲を歌ってみたら、ヒット曲のメロディのすばらしさ、曲の大きさと強さ、息の長さを発見し、それがあったんで2年ぶりにオリジナルアルバムを作ろうかっていうとき、私は迷いなくカバーにしようと思った。それはね、私が改めて歌手としての観点からなんですよ。アーティストっていう言い方よりはシンガーのスタンスから、私は名曲を歌いたい、良いメロディを歌いたいと思ったんですね。それとやっぱり、どうせ歌うからには世の中の人の耳に引っ掛かってほしい。できるだけ多くの人に聴いてもらうには耳馴染みのある曲だと思ったんです。

note35年歌い続けてこられて、また同じように年を経て今も一線で活躍されている歌手の方の歌を歌ってみて、改めて歌の力、歌手ってこういうものなんだと考えられたことはありますか?
大橋:キレイすぎる言葉だけど、音楽とか歌を歌うことって私にとっては仕事ではなく趣味だったんですね。子供のころから本当に歌が好きで、音楽を聴くのが好きで、それで人前で歌うのが好きでね、褒められるとうれしくてね。で、大人になって歌手になって、好きなことがたまたま偶然、仕事になりました。趣味は?ってよく聞かれるんですけど、昔は絵も好きだったんですけど、だんだん絵も描かなくなったから、もういまや絵は描けません。歌しかない、音楽しかない。逆に言うと、私は好きなことが音楽だから、ほかに好きなことを作りたくなかったんですね。そういう気持ちもあって、脇目もふらずに音楽をやり続けられた。本当にいまだに歌うことが一番好き。で、聴くのが好き。ホント、趣味なのよ。


flair大橋純子さんのインタビューの続きは明日!

camera撮影/桑原 靖

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング