石野田奈津代~Information~

投稿日: 2009年07月14日 16:00 JST

およそ9年ぶりにメジャーに返り咲いた、"オンナ版"リストラの星 再び「歌姫に」登場!

女性たちの共感を呼ぶ歌詞と、心を揺さぶるせつなくも力強い歌い声で
〝オンナを泣かせる女〟と呼ばれるシンガーソングライター・石野田奈津代

10代のとき一度メジャーデビューを果たすも、売上不振で早々にレコード会社と所属事務所から解雇され、一時はドン底を味わった彼女。

およそ8年間のインディーズ時代は、葛藤と挫折の繰り返しで「歌を歌えなくなった時期もあった」という石野田。だが、2007年に自主レーベル『SONG LiFE』設立後は、CD制作、ライブのブッキング、ラジオなどのプロモーション活動も自らおこなってきた。

メジャー第一弾シングル『春空‐ハルソラ‐』は、そんな地道な活動の日々のなかで、「スタッフへ感謝の気持ちを込めて作った」彼女の代表曲。また一方で、歌手活動の存続を賭けて発売した渾身の曲だった。
それがオリコンインディーズチャート16位にランクインし業界から注目され、『春空‐ハルソラ‐』に続く『クローバー』は8位とランクを上げ、今年2月のメジャー再デビューにもつながった。

じつは昨年10月、女性自身にも『SONG LiFE』から売り込みがきて、メジャー活動前の石野田奈津代に会うことができた。
初対面の彼女は、華奢な体には似合わない≪724(なつよ)≫と四つ葉のクローバーの絵がペイントされた大きなギターケースを抱え、挨拶の際は、同じクローバーのイラストの名刺をくれた。

そのときのインタビューは同じく『歌姫』で掲載中。

そして今月8日、再デビュー第二弾シングル『永遠』をリリース。運命の人との思わぬ再会から生まれた曲という切ないバラードは、デビュー10年、29歳になった石野田奈津代の本領を発揮!! 涙なしでは聴けない!

image

 ♪LIVE情報:
石野田奈津代「永遠」リリース記念スペシャルライブを開催!

《あなたの忘れられない恋の思い出を募集中》
応募された思い出の1つをもとに石野田奈津代が楽曲を制作。
8月8日の『永遠』リリース記念スペシャルライブで披露します。

image ♪CDリリース情報:

セカンドシングル『永遠』発売中

 

【収録曲】
01. 永遠
02. 夢のつづき
03. 春夏秋冬~四季のうた~
04. 永遠(instrumental)
05. 夢のつづき(instrumental)

作詞/作曲:石野田奈津代

石野田奈津代
1980年4月28日生まれ、東京都・神津島出身。

人口2000人ほどの島・神津島に生まれた石野田は、小・中学校時代、いじめにあい、いじめっ子を見返すため、歌手になろうと決意。いじめから逃げるため、そして歌手になるため、高校入学と同時に、島を離れ、東京本土に単身上京。メジャーデビューを夢見て路上ライブを始める。

現役女子高生ストリートシンガーソングライターとして世間から注目を集めるようになった彼女は、1999年、『ひまわり』でメジャーデビュー。約2年間の活動を経て、20歳のときにレコード会社・所属事務所との契約が打ち切られる。

その後は、インディーズでバンド活動、楽曲提供などをしていたが、2007年に自主レーベル『SONG LiFE』を設立。8年ぶりのソロアルバム『わたしのうた』をインディーズリリース。一人でも多くの人に歌を届けるため、8年ぶりに路上ライブも再開。
2008年7月には、シングル『クローバー』をリリース。
同年11月『きみのうた』をリリースした。

そして、2009年、2月11日、ユニバーサルミュージックよりメジャー復帰第一弾シングル
『春空‐ハルソラ‐』をリリース。
デビュー10年、およそ9年ぶりのメジャーでの活動を開始する。


♪石野田奈津代オフィシャルHP:http://www.ishinoda.com/

 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング