山崎ハコ vol.2

投稿日: 2008年08月15日 00:00 JST

山崎 山川健一氏のコーラスもやりましたね。作詩・作曲家だけに甘んじるのが嫌だったか021_3 ら。そのころ2年に3枚というスタンスでアルバムを出していたんですが、だんだん年1枚も出なくなったのが85年以降ですね。だから、10年間は多分できていたと思う。84年ぐらいからバンドをやったり、他の事務所に行ったりしていました。それから10年ぐらいはいろいろだけど、91年に芝居を1回やったので。そのときはもう相当まずくて、活動する場がないときだったから、事務所がやっていいということになったのかもしれない。作家としてよりは、芝居に出て歌えるほうがいいというか。私は暗くて歌う場がないと事務所が言っていたとき、渡辺えりさんが「ハコちゃんの歌を使いたい」とすごく求めてくれたんです。作家の世界というか、芝居の世界で需要があったわけですよ。生で出てくれたらもっと嬉しいという人たちが芝居の世界にいる。それが嬉しかったです。もうネクラと言われて、「音楽の中では方針変えるなり、キャラを変えるなりしないと君はだめだ」みたいな雰囲気になっていたから。「パロディーでしかウケてない」とか。えらいショックだったんですね。そのときに、渡辺えりさんだけは、「その暗さが好きなのよ」と言う。「その暗さが私たちの芝居では絶対に不可欠だ」と。「芝居は皆ハコちゃんのファンだ」と力強く言われて、「じゃあ、出ようかな」。「セリフはなくていいから、歌うだけ歌って」と言われました。嬉しかったし、支えになりましたね。皆にいらないと言われ、自分にはニーズがないとスネていたけど、「そんなふうに思ってはいけなかったんだ」と反省し、「自分がハコを大事にしなきゃいけない」と気づきました。それで、自分が自分の一番の応援団長になると決めたんです。えりさんになってもらってはいかんのだと思って。「私が自ら、えりさんの前に立たなきゃ。いけなかったんだ。そうすれば、音楽の世界でも、えりさんの前でもやっていますよと言える」。だから、事務所が解散したときに一時はめげたけど、「いや、だめだ。あの応援団長をやめてはだめなんだ。スタッフがいなくなったら、自分が応援団をやればいいんだ」と自分を奮い立たせることができた。プロモートでもなんでも、自分が応援団長だったら、本人が引っ込むわけにはいかなくなるだろうということで、ふたりの自分を抱えてやった。
[E:note]80年代の後半は、いわゆるフォークも、すごく軽くて、例えば愛だ、恋だ、であったり とか。そういう社会風潮の中で「自分が歌っていくんだ」という気持が、そんなふうに言われることで……。
山崎 やっぱり、ニーズがかなり少なくなったというのは感じましたよね。私、ユーミンよりデビューが遅いけど、なぜかフォークの中に入っているんです。「最後のフォーク歌手」みたいな感じになっているんですよね。確かに、高田渡さんとか、泉谷さんとか、西岡恭三さんとかの前座みたいに共演しているんですよ、昔のフォークの人たちと。なぜか、女の子がポチッといたんですよね。女がいないなという場面になると、新人なのに「ハコがいいんじゃないか」とか言われて。『赤い風船』の前座がデビューの初めてのツアーだったんですけど。それで、前座しながら、こっちで遠藤賢司さんとジョイントとかしているんですよ。可愛くない前座ですよ。前座なのにめっちゃくちゃ忙しいんだから。もうラジオ番組を持っているし、鳴り物入りでニューミュージックのアイドルみたいな感じだった。フォークなのに、高校生で若かったからそのまま映るとアイドルみたいになる。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング