りりィ vol.5

投稿日: 2008年09月21日 00:00 JST

[E:note]ご結婚されたのはお幾つですか。
りりィ たぶん、1年前の32歳だったと思う。それで、子供ができて籍入れたのかな、なんかアバウトで。
[E:note]お子さんはいま。
りりィ 22歳の男の子です。
[E:note]社会人ですか。
りりィ 社会人というか、音楽をやっていますね。
[E:note]一緒にやっているんですか。
りりィ うちの音楽と違いますね。ギターボーカルでスリーピースなんですよ。ベースと彼のギターと、ドラムは女の子なんですけどね。
[E:note]何というバンドですか。
りりィ 『ファジイコントロール』です。CDも出しています。彼は15歳からやっているんですね。ホームページhttp://www.fuzzycontrol.jp/15.php
があるので、見てください。
[E:note]音楽はお母さんの051影響ですか。
りりィ 父親が沖縄のロックギタリストでしたので、その影響でしょうね。
[E:note]別れたのはいつですか。
りりィ 子供が中学を卒業してからですね。途中から合わなくなったというか、性格とかがおかしくなって。でも、「卒業するまでは」と思って。
[E:note]お子さんはおひとりですか。
りりィ そうです。
[E:note]33歳でお子さんをお産みになって、しばらくは子育てをされたわけですか。
りりィ 10年ぐらい、子育てしかしてませんでしたねえ。不器用だから、のめり込んじゃうほうなんですかね。それまで、もっと器用な人間かと思っていたんですけど。だから、考えが子供のことにしかいかないから、しばらくは全然仕事ができませんでした。それで、彼はだんだんこっちから離れていって。10年ぐらい経ってから徐々に始めていって。
[E:note]お子さんの手が離れて、時間ができてきて、また書き始めるわけですね。
りりィ そうですね。
[E:note]その時期が、Lily-Yojiの時期ですか。
りりィ 後半は、絡んでいますかね。
[E:note]出産と子育てを挟んで、曲の内容など、なにか変化したことはありますか。
りりィ それはそうですよね。りりィのときの歌は不器用ですが、気持を込めてという意味では、いまは曲によっては当時の気持になれないものだから。身内もできたし、子供ができて、いつまでも暗い歌を歌っていられないということで。詩風も変わってくるし、彼のことを考えた歌や詩になったり、変わってきますもんね。だから、いまはどっちかというと大人の愛情表現052 というか、人間対人間として愛する表現というんですかねえ。昔の、「こんな感じなのよ~」みたいなストレートなところは、まあ若いうちはそれでいいでしょうけど。そういう意味で言えば、いまの自分の気持ちにストレートはストレートかもしれませんよね。時代、時代の自分の変わりようもあるし。
[E:note]このゴールデンベストは、東芝時代の曲しか入っていませんね。
りりィ そうですね。
[E:note]ハコさんと、『私は泣いています』をご一緒に歌ったんですよね。
りりィ うん。この前ね。
[E:note]それは、何のライブのときですか。
りりィ この前、ハコと代官山でジョイントをしたんですよ。お店の名前は忘れましたけど。
[E:note]『私は泣いています』は、いまも歌うんですか。
りりィ あの曲は、あんまり感情は要りませんからね、アハハ。だから、感情をあれしなくていい曲は歌えるんですよ。この中だったら、大体2曲、『オレンジ村から春へ』と、『私は泣いています』を歌っています。
[E:note]『ベッドで煙草を吸わないで』は歌わないんですか。
りりィ それは冗談で歌ったから。皆、ベッドというのを覚えているんですよ。だから、必ず、『私は泣いています』という題名ではなくて、『ベッドで煙草を吸わないで』と言われるんですよ。だから、歌ってみる。本当は、沢たまきさんという人が歌っているんですよ。
[E:note]ご自分としては、企画として歌ったわけですか。
りりィ そうそう。冗談。そうしたら、「『ベッドで煙草を吸わないで』を歌っている人でしょう」と言われるから、「はい、そうです」と言うようにしている。アハハ。いちいち説明するのが大変だから。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング