Harmony vol.3

投稿日: 2008年12月04日 00:00 JST

[E:note]作詞も作曲もされますが、どちらから浮かびますか?
Nt6t2683 ハーモニ:私は本当に歌詞を作るのが苦手なんですよ~。曲がメインです。曲を作るのは楽しいですね。歌詞を作るのも楽しいんですが、結構時間がかかっちゃいますね。

[E:note]曲はフレーズで浮かぶ?
ハーモニ:フレーズというか、もうピアノの前に座って手探りで、鼻歌を歌いながら「このラインいいな」みたいな感じで作るんですよ。それを携帯とかに録音するんですけど、録音したものを聞いてそこに詞をのっけていくんですね。

[E:note]では、まず曲を作るときというのは「今日は作るぞ!」と思って、たとえばお気に入りのアロマオイルを炊くような、環境を整えますか? それともパッと思いついて「いまだ!」という降りてくるタイプなのか、どちらでしょう?
ハーモニ:完全に降りてくるタイプです。
気分屋ではないんですが、「あ、いまだ」と思うことがあるんです。だから今日お休みだから作ろうって思うんですけど、そういう時に限ってなかなか出てこなくて、逆に仕事から帰ってきてテレビをつけた瞬間に、なんかいろんな色が出てくるんですね。その色の意味ってなんだろうと考えたときに……なんていうんだろう、不思議なことが起こるんです。

[E:note]色というのは、目の前に見えるというより頭のなかにその色のイメージが浮かぶ感じ?
Nt6t2732 ハーモニ:そうです。それで、今日は青だと思って、今度はテレビじゃなくて音楽を聴くんです。HDDなので、自分の好きな音楽を選べるんです。それで自分の好きな曲でボタンをとめると、その曲が青というイメージにいつも合うんです。その日のイメージがたとえば緑だったら、そのとき選んだ曲も緑に合ってるんですよ。

[E:note]そのときかける曲っていうのは
ハーモニ:いろいろ家にある、ほかの人の曲です。何万曲のなかの一曲で、それを聞き終わった頃にはもう頭のなかに新しい曲が作れる体勢にあるんです。色もいろいろありますし、色のイメージに限らないんですけど、そういう、なんか降りてくるんですよね。パッと頭に。

[E:note]じゃあ、「作れない!」というような悩みはいまのところないんですね。
ハーモニ:作れないと思うときもありますよ。でも、絶対作らなきゃとも思いますし。でもちょっと休もうと思って少し横になったりすれば、そのあとはもう作れるようになっていますね。
作れないと思い込んだままでいると作れないんで、少し休もう、と気持ちを楽にすると作れます。そう考えると、作れないということは……あんまりないですね、やっぱり。

[E:note]では、この先の曲ですでに作っているものとか、イメージだけでもありますか?
ハーモニ:ありますよ。いつも前向きな詞で、メッセージを送れたらなと思いますし。ただ、私はいつもストックがないんですよ。ストックがなくて作るタイプなんですね。

[E:note]じゃあ、「次はいついつにCDリリースするよ」と言われたら
Nt6t2783ハーモニ:作れます。
ストックしたほうがいいと言われるんですけど。ないんですよね。でもイメージがあれば作れます。

[E:note]作ろうとなったときは……さっき携帯に吹き込むとおっしゃっていましたが
ハーモニ:そうです。いつも携帯に録音するんですよ。携帯にボイスレコーダーっていうのがあって、それに。最初はやっぱり鼻歌なんですよ。元々ピアノはあまり弾けないので、まずはイメージで鼻歌を入れるんです。それを元に、今度は自分でピアノを弾く。ピアノは習ったんですけど、やっぱり音符は読めないですし。「この音いいな」と思った音を弾くので、全部独学ですね、そう考えれば。でも楽しいからできるんですよね。全部感覚なんですよ。

[E:note]なんだか楽しそうですね。
ハーモニ:すべてが楽しいです。なかなか体験できないことだったりとか、つらいと思うことも、これってすごい楽しいことなんじゃないかなって。

まさに天才?
明日は曲作りのテーマにも関連する、彼女の人生観や恋愛観に迫ります。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング