歌姫:宮本笑里~vol.1 バイオリンは私の分身

投稿日: 2009年03月24日 00:00 JST

Img_0198 [E:note]デビューから一年半が経ちました。デビューを機に変わったことはなんですか。

宮本:デビューさせて頂く前まではなかなか人前で演奏する機会がなかったのが、デビュー後さまざまな人の前で演奏する機会が増えて、その回数を増す事に自分のなかで出したい音楽が出しやすくなってきました。
どうしても緊張してしまって、自分の奏でたい音が出せなかったのが、何回も人前で演奏させてもらう機会が増えて、自分の理想とする音楽の出し方にたどりつくことが増えてきたかな。



[E:note]デビュー前だとプロの方のなかで演奏することのほうが多かった気がします。
それがテーマソングやCMになると、クラシックになじみのない一般の方に聴いてもらうことが飛躍的に増えた。
音楽がよくわかる方に聴かれるのと、一般の方に聴かれるのとで、緊張の種類はまた変わりますか?


宮本:音楽を奏でるというのは、自分自身のすべてを出し切るということなので、プロの方と、普段クラシックはあまり聴かない方とで演奏上あまり区別はしていません。
皆さんに自分というものをどういうふうに聴いてもらうかということを一番に考えています。
それとどうやったら聴きやすく届けられるかなと自分のなかで研究したりしています。



[E:note]自分自身のすべてとは具体的にどういうものでしょうか?

宮本:私は小さいころからそんなにおしゃべりが上手ではないんです。
バイオリンという楽器を代わりに……というのは変かもしれませんが、バイオリンが自分の分身となってしゃべっているような感覚です。
なので、バイオリンを通して「(宮本笑里は)こういうふうに感じているのかな」と捉えてもらえたらいいなと思います。



[E:note]バイオリニストとして精進していくには、技術論より感情を伝えることや、その感情が豊かで繊細になっていくことが大切、ということでしょうか。

宮本:大事です。もちろん技術的な部分もすごく大切なので、毎日何時間も練習しなきゃいけないんですけど。
表現だったり音楽の作り方っていうのは練習だけではなかなか作り上げにくいものなので、本番を重ねることによってその場の雰囲気や体調とのバランスをとりながら、自分はこういう風に演奏したいという気分を高めていきます。
自分の思った理想とちゃんと重なった瞬間はすごく心地よかったりするので、それを目指すようにしています。毎回そうなるわけではありませんが……。



[E:note]練習時間は一日平均何時間くらいですか。

宮本:日によって全然変わってしまうんですけど、お仕事がないときは家の中にこもって、ご飯を食べたりするとき以外は基本的にずっとバイオリンを触っているようにしています。お仕事をしていると、すぐ時間がなくなってしまうので、そういうときは合間を見つけて練習したり、朝や夜に2~3時間作って、練習するようにしていますね。



[E:note]日をあけないのは大事?

宮本:はい。毎日3~4時間は練習するようにしています。



Img_0105 [E:note]練習以外に、体調やメンタルを整えたり、リラックスするためにしていることはありますか?

宮本:犬を飼っているので、犬とたわむれている瞬間が幸せです。
トイプードルが1匹だったんですけど、最近もうひとり増えてにぎやかになりました。

男の子と女の子。ずっと練習室だと気が滅入るので、散歩に出るのがいい気分転換になっています。名前は私がつけたんですけど、男の子がベリー、女の子があんじゅです。
ベリーは、ベリー系が好きなので、ベリーがついたらかわいいかなって思って。
あんじゅは妹なんですけど、真っ白でちっちゃくて本当に天使みたいでかわいかったので、スペイン語かフランス語で調べたときに天使=アンジュだったので、いいかなぁと思ってつけました。



[E:camera]撮影/永田理恵



[E:note]宮本笑里オフィシャルHP:
“笑里とヴァイオリンと○○?”本人ブログ毎日更新中!
http://emirimiyamoto.com/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング