歌姫:矢口真里 vol.3 人生でいちばん緊張した歌収録

投稿日: 2009年04月14日 00:00 JST

[E:note]曲調や歌い方とか、それまでのモーニング娘。のものとまた一味違いますよね。レコーディングや歌われるときにご苦労されることもあるのではないですか。
矢口:曲調はすごく歌いやすい、おそらくカラオケとかでみなさんすぐに歌えるようなものだと思います。ただ、私がいちばん戸惑ったのは「男性の曲だな」っていう感じなので、自分のか細い声でいくとこの曲にはぜったいハマらない。なので、今回は歌い方を変えて、シャウト気味に、厚みのある声が出せるように練習をしてレコーディングに挑みました。

[E:note]おっしゃるように、最初に歌を聴いたときは男性の歌だなぁと思いました。男性的な太い声が似合うロック調ですし、ポップと違ってまた難しいですよね。
File_0010矢口:両A面のエアバンドさんにもろハマッている曲だったから、私は一人でどうしたらいいんだろう……と不安に感じつつ、一人でやれることって何?って考えたときに「メッセージを伝えることだ」と思ったんです。なので、メッセージを伝えることに重点を置いて、滑舌よく、聴きやすく歌うことを心がけました。それに、一人だからこそいろんな思いを込められますから、そういう意味では、モーニング娘。を脱退してからの、この抜けた4年間の私の思いをこの曲に込めました。そのへんを聴いていただけたらいいな。

[E:note]ソロ、ということについてはどんな思いでしたか。モーニング娘。時代からソロのシングルを出すというのはひとつの夢だったのでは?
矢口:モーニングにいるときは、ソロは夢見てなかったですね。一人はぜったいムリ、本当に小心者なので、一人でやりたいと思ったことは一度もないですね。

[E:note]そうすると、どういう形でCDを出すことを希望されていたんですか?
矢口:もうそれは「誰かと一緒に」って(笑)。同期の保田圭ちゃんもシングル出していないし、「圭ちゃんとユニットでやらせてください」ってずっと言ってたんですよ。今回、島田紳助さんにこのお話をいただいたときも、ヘキサゴンファミリーの誰かとユニットを組むんだろうなと思っていたので「誰と組むんですか?」って聞いたら、「矢口はひとりだよ」って言われて超ビビッたんですよね。紳助さんに何度も「誰かと組まないんですか?」って聞いたんですけど、「一人でやり切ったほうがほかのユニットと違う感じになるし、ソロ初めてでしょ? 新しい矢口真里をやるにはぜったいに一人でやったほうがカッコいいから」みたいなことを言われ、「あ、そうですよね」って感じで渋々……(笑)。最初はどうしよう???って不安でいっぱいでした。エアバンドさんが一緒にいてくれたのがすごく心強くて、歌番組やイベントとかでも一緒に歌わせていただけるので、それが本当に助けられました。

[E:note]歌番組で一人、マイクの前で歌うときは緊張しました? それとも、気持ちよかった?
矢口:緊張感が半端じゃなかったです。『クイズ! ヘキサゴン』の初めての歌収録は、緊張しすぎて頭の中が真っ白で、自分のやりたいことが何もできなかったですよ。「これじゃあ、失格だなぁ」っていう失敗を経験して、それからは「緊張している場合じゃないぞ!」って自分に言い聞かせて、1回1回大事にしなきゃいけないと目覚めました。

[E:note]モーニング娘。時代、歌番組はたくさん経験されていた矢口さんでも、やはりソロで始めてマイクの前に立つというのはすごく大変なことなんですね。
矢口:たぶん、私、人生でいちばん緊張したと思います。モーニング娘。にいたころは、緊張が分散されるので、一人ってすごいなって思いましたね。これで慣れたと思うんですけど、最初は恐かったですね。


撮影/徐 美姫

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング