レディー・ガガ、シェールとのデュエット曲『ザ・グレイテスト・シングス』のリリースを拒絶

投稿日: 2013年06月15日 00:00 JST

レディー・ガガがシェールとのデュエット曲をリリースするのを拒否したそうだ。ガガはシェールにシングル『ザ・グレイテスト・シングス』を提供していて、その後2人一緒にレコーディングを行っていたものの、リリースされるのを拒んでいるようで結局、お蔵入りになるそうだ。ファンになぜその曲がリリースされないのかとツイッターで尋ねられたシェールは「レコーディングしたんだけど、ガガのお気に召さなかったのか、リリースしたくないみたいね。彼女は立派なアーティストだから、彼女次第よ。私としてもガッカリよ」と答えている。

 

ガガの曲を多く手掛けているプロデューサーで『ザ・グレイテスト・シングス』も担当したレッドワンは以前、ガガが共に制作したその曲はシェールに聴かせるまでは未完成だったと語っている。「ガガと俺は数年前にこの曲をレコーディングしたんだ。スタジオでもこの曲を気に入って楽しかったよ。ちゃんと発展させてなかったのが不思議なくらいだね」「俺とシェールのマネージメント側が双方を引き合わせようとしたんだけど、その時は『シェールに是非とも会いたい。会わなきゃ!』って思ったよ。それで実際に彼女に会って何曲か聴かせたんだ。『ザ・グレイテスト・シングス』をプレイしたらシェールが気に入ったわけさ。『これは私にピッタリの曲だわ』って言ってたね」

 

当初、ガガはシェールがその曲をレコーディングし、自身はリミックスだけに参加するつもりだったようだが、レッドワンの勧めでデュエットが実現したようだ。レッドワンは「まずはシェールのボーカルをレコーディングしたんだ。当時、俺はマドリードにいたんだけど、そしたらガガからメールがきて、『その曲のリミックスに参加しようと思っているわ』って言われたんだ」「だから俺は『ダメだよ。それならオリジナルに参加してよ!デュエットにしたらいいんじゃない』って返したんだ。そしたらガガは『ああ、いいわよ、オーケー』って言ってくれたよ。それからシェールに話してデュエットになったってわけさ」と経緯を説明している。

 

そんなシェールは、およそ12年ぶりとなる通算26枚目の新作スタジオ・アルバム『クローサー・トゥ・ザ・トゥルース』を9月にリリースする予定だ。

【関連記事】

レディー・ガガの体型は今…? 最新のビキニ姿をキャッチ

レディー・ガガ、盗作で30億円の損害賠償請求を起こされる
美元 1億円要求報道を否定「提案されたのは引越し代と90万円」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング