ラッセル・クロウ、新作『ザ・ウォーター・ディバイナー』で長編監督デビューへ

投稿日: 2013年06月17日 00:00 JST

ラッセル・クロウが監督デビューを果たすようだ。ラッセルは新作『ザ・ウォーター・ディバイナー』で初の長編監督を務める予定で、さらには出演も果たすと今回デッドラインが伝えている。1919年を舞台に、第1次世界大戦中のガリポリの戦いで行方不明になった息子2人を捜しにトルコにやって来たオーストラリア人の姿を描く作品だ。

 

アンドリュー・ナイトとアンドリュー・アナスタシオスが脚本を手掛けた本作は、ラッセルの出身地であるオーストラリアとトルコの両方で撮影が行われるという。また、ホップスコッチ・フィーチャーズのトロイ・ラムとアンドリュー・メイソンが、フィアー・オブ・ゴッド・フィルムズのキース・ロジャーと共同でプロデュースを担当する見込みだ。

 

ラッセルの最新作はヘンリー・カヴィルがスーパーマンに扮した『マン・オブ・スティール』で、スーパーマンの実の父親ジョー=エルを演じている。日本公開を8月30日 に控えている同作だが、海外ではすでに先週14日(金)から封切られていて、すでに全世界で2億ドル(約190億円)の興行収入を獲得している。

 

そんなラッセルの次回作はダーレン・アロノフスキー監督が聖書に登場する「ノアの方舟」の映画化に挑戦する『ノア』となり、ジェニファー・コネリーやアンソニー・ホプキンス、エマ・ワトソン、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブースなど新人からベテランまで話題のスター達が豪華競演を果たすことになっている。

【関連記事】

震災→戦争→原発事故を生き延びた「100歳×101歳夫婦」の絆

ビッグダディ“3姉妹のグラビアデビュー”決断したワケ
優香デビュー16年で語る“芸能界での成功の理由”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング