ジョニー・デップ、生まれた時から左目が盲目状態であると衝撃告白

投稿日: 2013年06月20日 00:00 JST

ジョニー・デップが片目がほぼ盲目であると明かした。8月2日に最新作『ローン・レンジャー』の日本公開を控えているジョニーは、少し色味がかったメガネをかけない姿を写真に撮られることはほとんど無いが、今回、生まれた時から左目が「ほとんど全く見えない」状態で治療も不可能であることを明かした。

 

右目も近視だというジョニーはローリング・ストーン誌の7月号で、自身がかけるサングラスやメガネなどはすべて度付きのもので、メガネがないと本当に困ると明かしている。「(メガネをかけないと)見えるもの全てが、ほんとに、ほんとにボヤけるんだ。ちゃんとした視力をもったことなんて一度もないよ」

 

元パートナーのヴァネッサ・パラディとの間にリリー・ローズ(14)、ジャック(11)の2児を持つジョニーはまた、俳優として演技をしている時も、メガネやサングラスをしていない設定のキャラクターを演じている場合は、自身の顔からほんの数インチ程度(1インチ=2.54センチメートル程度)の距離の範囲しか見えないとも語っている。

 

現在はアンバー・ハードと交際中のジョニーはさらに、ハリウッドから引退することを「毎日」考えているとも明かしており、ただ、近い将来そうすることはないだろうとも念を押している。ジョニーは「チャンスと意欲、それに仕事をする上での創作上のひらめきを保ち続けている限り、続けるべきだと思ってるよ。でも、将来のある時点で、仕事は最小限にとどめて、まあたぶん、自分の人生を生きることに集中するだろうね。しっかり自分の人生を生き抜くってことさ。逃げ回らずに済む場所に行くのさ。もしくは、台所やホテルの地下の迷路みたいなところを通り抜けずに済む人生をね。ある程度年をとって頭の冴えが戻ってくると、ある意味自分が逃亡の人生を送ってきたと気づくものさ」と語りつつも、「でも自分がリラックスかは分からないな。リラックスなんて、僕にはできないさ。僕の脳ミソにとって、何もしない状態っていうのはすごく悪いことだからさ。そうすると変になっちゃうんだよ。変にっていうか、いつも不安でそわそわしちゃうのさ」と続けた。

【関連記事】

ジョニー・デップ、初めてヴァネッサ・パラディとの別れを語る—「不快だった」

川島なおみ 左目の光を失ったパティシエ夫“結婚記念日”に手術
映画ジャーナリストが選ぶ“泣ける名作”「秘密は音楽」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング