ジェームズ・キャメロン、イギリス人アーティストから『アバター』でのアイデア盗用で訴え

投稿日: 2013年07月02日 00:00 JST

ジェームズ・キャメロンが『アバター』のアイデアが盗用であるとして、イギリス人アーティストのロジャー・ディーンに5000万ドル(約50億円)の支払いを求めて訴えられた。イエスやエイジアなどのバンドのアルバムジャケットなどをこれまで手掛けてきたディーンは今回、2009年に初の画期的な3D 映画として公開され、世界中で28億ドル(約2800億円)の興行収入を獲得し史上ナンバー1の超大ヒットを記録した『アバター』の中に登場する造形物を、自身が手掛けたオリジナルのイラストから「意図的かつ計画的にコピーし、大衆に広めて搾取した」として訴えを起こしている。

 

訴状の中でディーンは、キャメロンが「映画の製作準備段階から自らのアートを研究し、参考にした」とし、さらに「同様のジャンルの映画からの偶発的な類似やコピーという事態を避けるため、今回の2作品の類似は相当なものであり、継続的かつ直接的だ」と主張している。また、キャメロンがコピーしたというアイデアは、40年以上前にディーンが製作した宙に浮く島々や空にかかるアーチの絵画だという。実際にディーンは、『アバター』に登場するツリー・オブ・ライフやナヴィ族のホーム・ツリーなどを自身の作品である「パスウェイ」や「フローティング・ジャングル」などと比較して、その類似性を指摘している。

 

ただ当のキャメロンは以前、『アバター』のアイデアを初めて思いついたのは1995年に遡ると語っていた。大ヒット作『アバター』を巡る訴訟沙汰は今回だけでなく、昨年にはキャメロンは同様の類似を指摘する訴訟2件に勝訴しているほか、今年に入ってからも脚本家のブライアント・ムーアが自身の複数の脚本の一部が『アバター』に利用されたとして訴えを起こしていた。

 

そんな『アバター』の第2作目は2014年12月に公開予定で、翌年の12月には第3弾の公開を控えている。

【関連記事】

ミスUSAの不正訴えたミス・ペンシルバニア、完全敗訴で5億円の賠償命令が確定

アップル サムスンを訴えた技術は「日立から買ったもの」
レディー・ガガ、盗作で30億円の損害賠償請求を起こされる

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング