ニック・ケイヴ、アルバム制作過程を記録したモキュメンタリー『20000デイズ・オン・アース』を製作

投稿日: 2013年07月02日 00:00 JST

ニック・ケイヴがドキュメンタリー仕立てのフィクション映画『20000デイズ・オン・アース』を製作中だ。ニック率いるニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズが2008年にリリースしたシングル『ディグ、ラザルス、ディグ!』のPVで初めてニックとタッグを組んだイアン・フォーサイスとジェーン・ポラードがメガホンを取る本作はシナリオに沿っているわけではなく、ドキュメンタリー仕立ての作品になるという。

 

ニック本人がナレーションを担当し、俳優のレイ・ウィンストンやカイリー・ミノーグなどがカメオ出演を果たすようだが、公開日などの詳細は明かされていない。最新アルバム『プッシュ・ザ・スカイ・アウェイ』の作曲活動を始めた頃に、それと平行して本作の製作がスタートしていたとのことで、作品のタイトルは製作スタート時にちょうどニック(55)が2万日間生きてきたことに由来するという。

 

今回のプロジェクトについてニックは「すべて撮影したさ。制作スタッフは、俺がピアノを弾きながらメロディーを奏でて歌詞を書いている時に、俺のオフィスにカメラを設置していったよ」「そもそもそれがこのプロジェクトの狙いでもあるんだ。だって実際にバンド活動してる時に撮影されることってないだろ。昔にも、スタジオに撮影陣を入れたことはあったけど、その時はすでにレコードの制作はだいたい終わってたところだったからね。だから俺達が編集ブースに座って音楽を聴いている映像ばっかりだったのさ」と説明している。

 

そんなニックは先月29日(土)に開催されたフェスティバル、ATPアイスランドでステージから転落するというアクシデントがあったために、翌日30日(日)の英グラストンベリー・フェスティバルへの出演が危ぶまれたものの、無事にメインとなるピラミッド・ステージでパフォーマンスを披露している。

【関連記事】

映画ジャーナリストが選ぶ“泣ける名作”「秘密は音楽」

『アップアップガールズ(仮) 3rd LIVE 横浜BLITZ大決戦(仮)』 ライブ観戦記
整形して顔が変わったアシュリー・シンプソン、あの超大物の息子とデート

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング