マイク・マイヤーズ、新作ドキュメンタリーで監督デビュー

投稿日: 2013年07月25日 00:00 JST

マイク・マイヤーズが新作ドキュメンタリー『スーパーメンシュ』で監督デビューを果たすことになった。音楽マネージャー、シェップ・ゴードンの生涯を描く本作で、マイクは初めてメガホンを取ることになる。マイクとシェップはもともと、1991年公開のコメディー『ウェインズ・ワールド』の制作過程でマイクがシェップにアリス・クーパーの楽曲使用を依頼した際に知り合っていて、その時には使用許可が下りずに2人は衝突したものの、その後に親交を深めるようになっていた経緯がある。

本作についてマイクは「僕は1991年に『ウェインズ・ワールド』の撮影セットで初めてシェップ・ゴードンに出会ったんだ。(ザ・ビートルズの初代マネージャー)ブライアン・エプスタイン、(メディア評論家)マーシャル・マクルーハン、(アニメキャラクター)『近眼のマグー』を融合したような完璧な人物像だって思ったんだよ。だからもう10年間もシェップの映画を作らせてくれってお願いしてきたんだ」「それで去年ようやく、イエスって言ってくれたよ。この映画の製作を始める前から、彼のことは兄弟のように慕っているんだ。でも今、彼の人生や伝説を作品化するうちに、もっと彼のことが好きになってきてるね」と話す。

シェップはアリスのみならず、ブロンディのデボラ・ハリーやルーサー・ヴァンドロスなど大物ミュージシャンを育てた敏腕マネージャーとして名を馳せており、アリスをはじめとして、マイケル・ダグラス、シルベスター・スタローン、ウィリー・ネルソンら大御所スターが本作でシェップについて語ることになるようだ。また、A&E・インディーフィルムズ社が手掛ける本作では、ロバート・ディビテット、デヴィッド・マキロップ、モーリー・トンプソンらが製作総指揮を担当する。

【関連記事】

仏ドキュメンタリー映画『オーシャンズ』日本語版完成披露試写会【宮沢りえ】

新たに発見された巨大恐竜たちを最新のCGで映像化!あの恐竜ドキュメンタリーがよみがえる!
頭脳警察 18年ぶりにNEWアルバム発売&『ドキュメンタリー頭脳警察』3部作公開 インタビュー

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング