第4回 10月某日 東京「地球は厳しい!災害で何度も死にかけた私」 

投稿日: 2014年10月14日 00:00 JST

image

今、私はバケツをひっくり返したような雨の降る窓の外を眺めながら、この原稿を書いています。本当は今回の日本滞在中に訪れるはずだった北海道の実家へは、台風18号の影響で飛行機が飛ばなくなってしまったので、急遽行けなくなってしまいました。

imageカラスが数羽、風に逆らえず、羽ばたいて行こうとしたのとは別方向に飛ばされていくのを見ながら、自然の力に逆らえない生き方という哲学的な感慨に浸っているわけですが、ほんとに日本という国はよくここまで、さまざまな容赦のない自然災害に見舞われながらも、毅然とやりくりしてこられたなあ、と心の底から感心してしまいます。

日本人の私でも感じるので、海外から見たらより一層、驚きも多いようです。イタリアの友達からも「噴火だったり台風だったり、日本はいろいろ大変みたいだけど大丈夫なの!?」というメールを受け取りましたが、自然の驚異をそれほど意識せずに生きている国の人間にしてみれば、自然災害の多い国に住む日本人に、脅威的なものを感じているのかもしれません。

海外で日本の災害報道があるときは、たいてい日本を真ん中にしたアジア全域の地図が出ますが、その場合、災害でダメージがあった地域のみが特定されるわけでなく、日本全体が矢印などのマークで指された表示になっていたりするので、日本に知り合いがいる人は、あれを見たら『日本が大変なことに!』と、ちょっとびっくりしてしまうでしょう。

とはいえ、確かに地震は日本各地で起きていますし、噴火してもおかしくない火山も東西南北方々に散らばっています。遠方遥か彼方で発生した台風も、万遍なく日本のあたりまで「登ってきては、それが義務とでも言わんばかりに列島を横切ったり通過していったりしますから、たびたび「大丈夫?」という連絡をもらっても「ああ、いつのどれのこと?」と、こちらも何気なく対応してしまうのです。

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

ヤマザキマリ(漫画家・随筆家)

1967年東京都出身。17歳で絵画の勉強のためイタリアに渡り、国立フィレンツェ・アカデミア美術学院で、油絵と美術史を専攻。‘97年漫画家デビュー。『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞。著書に『国境のない生き方』(小学館)、『男性論』(文春新書)『スティーブ・ジョブズ』(講談社)『プリニウス』(とり・みきと共作 新潮社)など多数。シリア、ポルトガル、米国を経て現在はイタリア在住。平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。平成29年イタリア共和国星勲章「コメンダトーレ」綬章。
 
公式サイト
https://www.thermariromari.com/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング