第11回 漫画と音楽の密接な関係

投稿日: 2014年12月02日 00:00 JST

image

11月某日 東京

昨日は半年ぶりに、我々のバンド『とりマリ&エゴサーチャーズ』のワンマンライブがございました。半年ぶりといっても、別ジャンルの職を持ったメンバーの混在するアマチュアバンドにしては、とても高い頻度のような気もするのですが、今やこのバンドのライブは、自分の人生にとってかけがえのないイベントとなっています。

バンマスは漫画家で、現在一緒に共作も手がけているとり・みき氏。ベースもドラムもキーボードもプロとして一線で活躍する凄いミュージシャンで構成されているこのバンド。とりさんから声をかけていただいたときは何も深く考えずに「わーい、やりましょう!」なんてリアクションで気軽に参加することにしたのでした。

しかし、今更ですが、こんなメンツの中に混ぜてもらえるなんて、冷静に考えてみればみるほど「ただの素人の音楽好きが、こんな贅沢許されるのか!?」と畏れ多い気持ちにならずにはおられません……。

 

私は子どものときから少し変わった音楽の嗜好を持っていて、クラスのみんなが西城秀樹や郷ひろみに夢中になっていたころ、ひとり、毎週日曜日にNHKのFMラジオで放送されていた『中南米の音楽』に熱狂し、ブラジルやキューバといった国の音楽にすっかりハマっていました。邦楽も聞いてはいましたが、歌謡曲というジャンルではなく、シュガー・ベイブやはっぴいえんどなどの、当時にしてみれば渋い大人のグループ音楽だったり、とにかくエンターテインメント面においては、周りのみんなとは何一つ共有するものを持てずに孤立しがちでした。

 

クラシックのプロのミュージシャンである母親的には、私にはなんとかクラシックの道に進んでもらいたいという思いもあったようですが、私は結局なんとなく、アフリカの影響を留めた南米系の音楽や、そういったニューミュージックに傾倒し、気がついたら自分でも曲を作ったり、歌ったりする子どもになっていたのです。当時の私を知る友人なら覚えているかもしれませんが、ひとり籠りきりの作業での自己満足では気持ちが満たされず、彼女たちを無理矢理自宅に招待しては、私の自作自演ライブに立ち会ってもらったこともありました……。今思えば迷惑な話ですが、付き合ってくれた友人たちの寛容さは素晴らしかったと思います。

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

ヤマザキマリ(漫画家・随筆家)

1967年東京都出身。17歳で絵画の勉強のためイタリアに渡り、国立フィレンツェ・アカデミア美術学院で、油絵と美術史を専攻。‘97年漫画家デビュー。『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞。著書に『国境のない生き方』(小学館)、『男性論』(文春新書)『スティーブ・ジョブズ』(講談社)『プリニウス』(とり・みきと共作 新潮社)など多数。シリア、ポルトガル、米国を経て現在はイタリア在住。平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。平成29年イタリア共和国星勲章「コメンダトーレ」綬章。
 
公式サイト
https://www.thermariromari.com/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング