第15回 老舗サーカスの〝ハイブリッド・パンダ〟

投稿日: 2015年01月06日 00:00 JST

image

1月某日 北イタリア・パドヴァ

新年あけましておめでとうございます。つい同じような挨拶をしたのが3カ月前くらいに感じられるほどの、目まぐるしき時間経過です。

子どものころは1年間学校に通うのがあんなにも長く、なかなか次の学年になれなくてもどかしい気持ちを散々味わっていたのに、今となってはあのときの、時間を持て余している感覚を分けてもらいたいくらいです。

義務教育のように、あることに強制されている状況を終わらせるまで“あと何年”という年数を意識して日々やりくりすると、時間というのは意外となかなか過ぎていかなくなるのかもしれませんが……。

しかし、こんなどうでもいいことを考えているあいだにも時間は瞬く間に費やされていくので、今年は一分一秒を大切に、味がしなくなるまで噛み続けるスルメイカのようなつもりで、大事に惜しみなく使っていけたらいいなと思っております……。

 

ところで、去年の暮れ、イタリアではちょっとした苦笑を醸すニュースで持ち切りになりました。

日本と同様に、この国でも年末になるとさまざまなエンターテインメントの催しが各都市で展開され、その中でも特に、いまだに大人から子供に人気なのがサーカスです。サーカスという商売は、イタリアでも日本と同じく国産の団体がやりくりしていくのは経済的な意味でもなかなか大変らしいのですが、それでもこの国の老舗サーカス団は毎年アイデアを凝らして、皆さんに喜ばれる、飽きのこない新しいプログラムを提供し続けているようです。

どのサーカス団も、人間技とは思えないスリルに満ちたアトラクションや、芸を仕込まれた猛獣や可愛い動物たちも。観客に息抜きを与える道化師たちは、日々人々の進化する笑いのツボをきちんと考慮したネタで人々を楽しませてくれていますが、今回、とあるイタリアの老舗サーカス団の目玉は『パンダ』でした。

イタリアでは動物園にすら存在しない、あの、世にも希有で可愛い動物であるパンダに、サーカスにさえ行けば会えると知った子供たちは歓喜し、親を説得してチケットを購入し、喜びで胸をときめかせながら会場へと出かけていったわけです。

しかし、会場で実際にその噂の『パンダ』と遭遇した観客の何人かは、自分たちの思い描き続けてきた愛らしいパンダの姿と、実物の様子との違いに少し戸惑いを見せました。確かに、モコモコの全体に丸いシルエット、真っ白な身体に耳と目と四肢は黒く、愛らしいといえば愛らしい風情ではあるのですが、動きが如何せん『犬』を彷彿とさせていたのです。

「さあ、パンダと一緒に撮影は如何!?」

とサーカスの団員に促され、お金を払ってこの不思議な『パンダ』と撮影をしたとある観客は、団員に抱えられたその『パンダ』を至近距離からまじまじと眺めて、やはり腑に落ちないものを感じ、

「あのう、これ……、ほんとにパンダですか?」

と問い質したところ、「ハイブリッドなんです」という答えが戻ってきたのだそうです。

 

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

ヤマザキマリ(漫画家・随筆家)

1967年東京都出身。17歳で絵画の勉強のためイタリアに渡り、国立フィレンツェ・アカデミア美術学院で、油絵と美術史を専攻。‘97年漫画家デビュー。『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞。著書に『国境のない生き方』(小学館)、『男性論』(文春新書)『スティーブ・ジョブズ』(講談社)『プリニウス』(とり・みきと共作 新潮社)など多数。シリア、ポルトガル、米国を経て現在はイタリア在住。平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。平成29年イタリア共和国星勲章「コメンダトーレ」綬章。
 
公式サイト
https://www.thermariromari.com/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング