第18回 「多種多様」を認めた〝いにしえの知恵〟を思う

投稿日: 2015年01月27日 00:00 JST

image

1月某日 中央アジア上空

日本とヨーロッパを結ぶ航空路は、現在そのほとんどがロシア上空を通過するものですが、私が頻繁に利用している成田―ヴェネチア直行便のフライトは、東ヨーロッパからロシア南部、広大な中国大陸の上を飛んで、他の航空機よりも2時間多くの時間を費やす形で目的地に辿り着きます。

モニターに映し出される飛行機の現在通過地点を目で追っていると、時には不自然に曲がりくねったルートを取って、ウクライナや中東の紛争地帯の上空通過を避けているのが判りますが、空の上という何の境界線もない大気圏ですら、辺境というものが存在するのが、なんとも不思議に思えてきます。

人間は地上にいようと海にいようと空にいようと、動物や魚や鳥たちと違って、自分たちが生きていくために規制された居場所というのを意識していかねばならない、面倒臭い生き物なのです。

今、まさにそのヴェネチア行きの飛行機でこの文章を書いていますが、現在地はちょうどウズベキスタンからトゥルクメニスタンにさしかかった上空です。これからイラン国境すれすれ、カスピ海の南を通ってトルコへと入っていくわけですが、そのすぐ真南にはかつて私も暮らしたシリアがあります。

ここから見下ろすその一帯は、イスラム教という宗教を信仰する人々が暮らしている地域です。このルートの興味深いのは、最終目的地がヴェネチアという、歴史上でも欧州の中でも最もイスラムなど東側の異文化圏との接触の多かった都市へ向かっていることであり、それはマルコ・ポーロという商人冒険家の辿った、シルクロードを彷彿とさせるところでしょう。

シルクロードという名称に、我々はちょっとした、自分たちの日常と切り離されたエキゾティックなロマンを覚えますが、この飛行機の曲がりくねったルートからも判断できるように、実際それらの文化圏とかかわりを持つというのは容易なことではありません。それはマルコ・ポーロの時代だって同じだったはずです。

私も世界の様々な国に暮らしたり旅をしてきましたが、それぞれの国に足を踏み入れた時点で、まず最初に肝に命ずるのは、自分たちがその土地にとっては基本的に縁もゆかりもない、歴然とした異邦人ではあっても、彼らの生活習慣にはなるべく馴染むこと、自分たちの尺度での解釈ではなく、彼らの単位でも物事を見る術を得る、ということです。

それらの土地の人々が、異文化圏の出身である私に対して自分たちの地域の生活習慣や宗教への適応を、強制してくるようなことはありません。だからこそ、こちらも彼らの生き方や、彼らの信仰する宗教に対してそれなりの敬意を持つのは、最低限度大切なことだと思うのです。

マルコ・ポーロがシルクロードを歩いたときも、彼はどんな辺境もスムーズに乗り越えて行けるよう、自らの無害性やフレキシビリティ、そして寛容さというのを意識し、そして顕示し続けていたのではないかと思います。「自分は国家や宗教の強制的統一化を目論んだ侵入者とは違うのだ」というアプローチはたくさんの国を通過するうえでは、とても大切だったに違いありません。

 

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

ヤマザキマリ(漫画家・随筆家)

1967年東京都出身。17歳で絵画の勉強のためイタリアに渡り、国立フィレンツェ・アカデミア美術学院で、油絵と美術史を専攻。‘97年漫画家デビュー。『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞。著書に『国境のない生き方』(小学館)、『男性論』(文春新書)『スティーブ・ジョブズ』(講談社)『プリニウス』(とり・みきと共作 新潮社)など多数。シリア、ポルトガル、米国を経て現在はイタリア在住。平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。平成29年イタリア共和国星勲章「コメンダトーレ」綬章。
 
公式サイト
https://www.thermariromari.com/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング