第22回 果てしのない「古代ローマ」と漫画対決!!

投稿日: 2015年02月24日 00:00 JST

image

2月某日 東京

相変わらずイタリアと日本の往復生活が続いておりますが、9万5千キロの飛行機移動が、徐々に山手線で半周くらいの感覚に近くなってきました。人間何事も慣れなのだなあと、身体を張った経験のおかげで実感しておりますが、それはおそらく、今の自分には“そんなことなど些細な負荷に過ぎない”と思える仕事をしているせいもあるのかもしれません。

『新調45』で連載している、とり・みきさんとの合作である『プリニウス』の単行本2巻が、いよいよ刊行されました。早速読んで下さった方たちからは、1巻に引き続きその緻密で手抜きの許されぬ描き込みっぷりに、口々に「画力プロレス対決」とか、「どっちも容赦なし」「取っ組み合い合作」などという感想を受け取りました。

画力プロレス対決……、確かに2巻では舞台が都市ローマに移り、海や山といった自然を描くのと比べて人間の生活空間の描写は、密度も高くなっています。とり・みきさんはその突出した画力エネルギーを、ローマという街の表現にあますことなく注いでくださっているわけですが、私も人種の坩堝である大都市ローマに生きる人々を、自分のイメージに忠実に描かなければと脇目も振らずの状態でした。

合作やり始めのころは、確かにベテランであるとりさんの緻密で精巧な背景に釣り合う人物を描かなければヤバい! と自分を奮い立たせていたところがありますが、今では正直なところ、技法の調和や画質の同一性を考えることはなくなりました。

何しろとりさんが、ご本人も仰っているように、この漫画制作行程で最終段階で「特殊技術」を仕掛けることによって、誰が何を描いたのか、担当したのか、なんてことはほとんど重要性を持たない仕上がりになるからです。

最初から私もとりさんも、「ストーリー展開をセリフだけに依存するのでなく、絵でも何かが伝わる、読者の視線が、一コマ一コマからなかなか移動できない漫画にしよう」という思惑を抱いていました。

でも何よりも、やはり描こうとしているのが、今では考えられない膨大なテリトリーを持った大帝国の姿なので、格闘しているとすれば、それは「とり・みき」VS「ヤマザキマリ」ではなく、「とりマリ」VS「果てしなく壮大なテーマ」ということになるかもしれません。

この連載を始めようと思い立ったときに、とりさんに合作のお声がけをしたのだって、「古代ローマという巨大なテーマの表現を、思い描いているあの時代のリアルさに近づけようと思うのなら、1馬力では絶対無理」と確信したからでもあるわけですが、案の上、2人一緒に頑張っても、古代ローマに吸い取られる労力は半端ありません。

私もとりさんも、イタリア―日本と離れての作業ですが、お互いだいたい似たような資料を参考にしているわけです。私の場合、そういった資料にしばらく埋もれた状態で考証をしながらストーリーを練り、プロットを文字に起こしている段階で、既に2千年前に現代にあってもまったくおかしくないインフラ設備や都市構造、そして人間の精神性を盛り込まずにはいられなくなってしまいます。

それを丸と線だけで描いた粗雑な有様のネームに直し、とりさんには大体のストーリーの構造や流れの説明をするわけですが、その時点で恐らく彼の頭の中にも、私が思い描いている複雑で中途半端な表現では許されないローマの様子が、資料越しからも浮かび上がってくるのでしょう。

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

ヤマザキマリ(漫画家・随筆家)

1967年東京都出身。17歳で絵画の勉強のためイタリアに渡り、国立フィレンツェ・アカデミア美術学院で、油絵と美術史を専攻。‘97年漫画家デビュー。『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞。著書に『国境のない生き方』(小学館)、『男性論』(文春新書)『スティーブ・ジョブズ』(講談社)『プリニウス』(とり・みきと共作 新潮社)など多数。シリア、ポルトガル、米国を経て現在はイタリア在住。平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。平成29年イタリア共和国星勲章「コメンダトーレ」綬章。
 
公式サイト
https://www.thermariromari.com/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング