アレキサンダー・マックイーン、自殺前にHIV陽性であることを知っていた

投稿日: 2014年09月01日 16:00 JST

image

NYP Page Six

2010年2月、ファッションデザイナーのアレキサンダー・マックイーンが40歳という若さで命を絶った。自ら首を吊ったと見られているが、その理由については「プレッシャーによる不安とうつ」、「どうしようもない孤独感」「薬物の過剰摂取」などが検死官の所見から導き出されており、精神的な要因が大きいと思われてきた。しかし、ここに来て新たな可能性が浮上した。

 

ジャーナリストのモーリーン・キャラハンが新著「Champagne Supernovas」の中で、マックイーンは亡くなる前に自分がHIV陽性であると親しい友人に対して認めていたと明かしたのだ。本にはそのときの友人との会話が収録されているという。マックイーンは同性愛者として知られ、2000年には男性パートナーと結婚式を挙げていた。

 

マックイーンは凄まじい才能を持つだけではなく、人々を魅了してやまない人間性を備えていた。デビューしたてのレディー・ガガがあまりにも奇抜であったため、名だたるデザイナーが彼女への衣裳提供を拒否する中、マックイーンはその才能を認め、「どれでも好きなものを着ていいよ」とガガを受け入れたことはよく知られている。また、薬物問題でバッシングされていた友人のケイト・モスを擁護し、コレクションのフィナーレには「We Love You Kate」と書かれたTシャツを着て登場した。そんな愛すべき彼がどれほどの苦悩を抱え、死を選んだのか——凡人には計り知れないその胸の内を思うと、どうしようもないほどの喪失感に襲われる。

 

 

【関連記事】

EXILE・ATSUSHI ASKAの薬物騒動に「心が痛い」

清原和博 薬物疑惑が“年収5千万円”に与える深刻な影響
ASKA 愛人との薬物不倫旅行先は「妻名義の夫婦別宅」だった

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング