ハリウッド映画夏の陣が終結——勝者と敗者は?

投稿日: 2014年09月04日 21:00 JST

image

マレフィセント
(C)2014 Disney Enterprises, Inc.

暑かった8月も終わり、秋の声が聞こえてきた。遠く離れたハリウッドでも、真夏の映画商戦に決着が着いたようだ。

 

 

今年の夏に限ったことではないが、やはりアメコミ原作の強さが目立った。9月1日までの累計興行収入ランキングにおける1位は2億8千万ドルの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』。トランスフォーマーシリーズ最新作『トランスフォーマー/ロストエイジ』が2億4400万ドル、下馬評を覆して大入りとなった『マレフィセント』が2億3870万ドルでこれに続く。上位10作品中4本がアメコミ原作、有名作品のリブートが3本を占めた。

 

そしてThe Hollywood Reporterは俳優別の勝者と敗者を挙げている。まずは勝者から見ていこう。

 

・アンジェリーナ・ジョリー

キャリアの長いボックスオフィス研究家でさえ予想できなかった『マレフィセント』の大躍進で、ジョリーはこの夏のハリウッド・クイーンとなった。

 

・チャニング・テイタム

ジョナ・ヒルと共演したアクションコメディ『22ジャンプストリート』が大ヒット。日本ではDVDスルーされた『21ジャンプストリート』の続編で、1億9030万ドルを稼ぎ出した。その肉体美で女性ファンを数多く動員し、全世界の興行収入は3億ドルを超えている。

 

・シェイリーン・ウッドリー

がんに冒された少女を演じた『さよならを待つふたりのために』が世界中で2億8020万ドルの興行収入を記録。YA(ヤングアダルト)小説が原作ではあるものの、世代を超えた観客を動員し、ウッドリーはコストパフォーマンスの高い女優であることを証明した。

 

・ザック・エフロン

薬物のリハビリから完全復活し、セス・ローゲンと共演したコメディ『Neighbors』が大ヒット。1800万ドルの製作費に対し、全世界で2億6660万ドルを稼ぎ出した。この作品で”顔だけのアイドル俳優”として見られがちだったエフロンは、実力派のコメディ俳優としての大きな第一歩を踏み出した。

 

ここからは残念な結果を残してしまった敗者たち。

 

・トム・クルーズ

日本のSFライトノベルを原作とした『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が、全世界では3億6400万ドルの興行収入を上げたが、製作費は1億7800万ドル、さらにグローバルマーケティング費用として1億5000万ドルが費やされており、最終的な赤字はほぼ決定的だ。

 

・アダム・サンドラー

『ウェディング・シンガー』『50回目のファーストキス』をヒットに導いたドリュー・バリモアとのタッグで挑んだ『Blended』が惨敗。製作費4000万ドル、宣伝費1億ドルをかけたが、興行収入は1億2350万ドルにとどまった。コメディアンの長者番付では常連のサンドラーだが、ここ数年の主演作は軒並み失敗している印象だ。

 

・ジェイソン・シーゲル

人気テレビシリーズ『ママと恋に落ちるまで』のマーシャル役で知られるシーゲルだが、映画界では苦戦を強いられているようだ。キャメロン・ディアスの主演作『The Other Woman』が女性人気を得て2億ドルに迫る興行収入を上げたのに対し、同じくディアス主演でシーゲルが共演した『Sex Tape』は7690万ドル。

 

・シルヴェスター・スタローン

『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』のオープニング興収には誰もが度肝を抜かれたはずだ。アーノルド・シュワルツェネッガー、ハリソン・フォード、メル・ギブソン、ジェット・リーら往年のアクション名優を総動員したにもかかわらず、シリーズ最低の1590万ドルしか稼げなかったのだ。これは、公開直前に海賊版が出回ったことが要因と見られている。

 

 

【関連記事】

アンジーの父ジョン・ヴォイト、オンラインニュースで娘の結婚を知る

http://jisin.jp/news/2639/7328/
今もっともセクシーな男性は元ストリッパーのあの人気俳優

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング