100ドルもらったホームレスは何をしたか——米ユーチューバーが尾行して見たものは

投稿日: 2014年12月25日 19:00 JST

image

(C)Josh Paler Lin

動画をYouTubeに投稿し、莫大な広告収入を得る「ユーチューバー」と呼ばれる人々が台頭している。新製品のレビューや、おもちゃの開封、メイクアップのハウツーなど、その題材は様々だが、米国のジョシュ・ペイラー・リンというユーチューバーは「いたずら王」として人気を博している。彼の動画は平均50万回前後、多いもので500万回ほどの再生数だが、2日前にアップロードした動画はすでに1600万回を超えている。

 

それは、ホームレスに100ドルを寄付し、その金をどう使うのかを尾行して撮影するというもの( http://youtu.be/AUBTAdI7zuY )。トーマスという名のホームレスは突然リンに100ドルを渡され、驚きながらも感激と感謝のハグを交わしてその場を去った。彼の後を追いかけるリンのカメラは、リカーショップに入るトーマスの姿を捉えた。「100ドル分の酒を買うのだろう」と誰もが思うはずだ。

 

しかし、店を出たトーマスは公園に赴き、買ったばかりの食料をホームレス仲間に与え始めるではないか。皆に行き渡ると、また別のホームレスの集団に近づき、再び同じことをする。この姿に心を打たれたリンは飛び出していき、「ごめんよ、あなたが100ドルを何に使うか、ビデオに撮っていたんだ。本当に申し訳ない」と謝罪とともにネタばらし。これに怒るでもなく、トーマスは身の上話を始めた。

 

病に倒れた両親の看病をするため、トーマスはなくなく仕事を辞めたという。そして両親は亡くなり、治療費がかさんだため家も失った。路上生活を送り始めたのは4か月前のことだとか。「金じゃ買えないものがある。僕は自分のしたことで幸せを手にしたんだ」と語るトーマスの姿勢に感動したリンは、再び100ドルを寄付し、トーマスの衣服を買ったり、仕事に就くための支援をするクラウドファンディングキャンペーンを立ち上げた。10ドルからスタートし、ゴールは6万ドルに設定されているが、すでに4000人を超える人々から8万ドル以上の善意が寄せられている。「情けは人のためならず」という言葉は、まさに真実だった。

 

【関連記事】

ティム・バートンとヘレナ・ボナム=カーターが破局

マドンナのInstagramにハリセンボン春菜が登場
プーチン大統領、ルーブル危機の会見中に熱愛宣言「私は愛し、愛されている」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング