重傷の患者と自撮りした救命士がクビに

投稿日: 2015年03月10日 17:00 JST

image

「セルフィー(Selfie)」は2010年代に登場した数ある新語の中でも、最も存在感の大きい言葉の1つではないだろうか。自らを撮影し、TwitterやFacebookでシェアすることは、今やコミュニケーション、および自己表現のスタンダードとなった。しかし撮られる写真の数が多ければ、問題も目立つようになる。最近では自らが命を奪った友人とのセルフィーを撮影した米国の男子高校生が逮捕されたことが記憶に新しい。そして今度はロシアで信じがたい事件が起こった。

 

ロシアの救命士、タチアナ・クリコワ(25)は、救急車に乗せた心臓発作を起こした患者とセルフィーを撮影。彼女はピースサインをして冷淡な笑みを浮かべて写ったその写真を「ほんとこの仕事嫌い」というキャプションをつけてオンラインで共有した。さらに、事故で重傷を負った他の患者も撮影しており、こちらには中指を立てた手を写り込ませている。あろうことか、この写真のキャプションには「もう1人のバカ」と書いてあったという。

 

これらの写真の存在を知った地元住民は大激怒。衛生活動家の男性は「彼女がこの写真を撮っている間、患者のケアを怠っていたことは明白です。自分の担当患者を冷酷に無視し、写真を撮った。何人かの患者は亡くなってしまったんですよ。患者の家族が彼女と救急隊を訴えても私は驚きませんね」とクリコワの非道な行いを糾弾した。

 

地元救急隊はこの騒動を受け、クリコワを即刻停職処分に。彼女の勤務実態について調査を行い、クリコワは間もなく解雇された。

 

【関連記事】

年収700万超だけど……? 「ひよこ鑑定士」がイギリスで最も厳しい仕事と言われる理由

米コメディ番組がISISパロディで大炎上 「全然笑えない」
唯一の女性死刑囚が要求した「最後の晩餐」メニューがすごい

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング