嫌われ者セルフィースティックに禁止令続々……コーチェラ、ロラパルーザでも

投稿日: 2015年03月31日 11:00 JST

image

austin360のTwitterより

スマートフォンで“自撮り”ができるセルフィースティック。セルカ棒、セルフィー棒とも呼ばれるこのガジェットは旅行の必需品として爆発的に広まったが、その使用を制限する動きが続々と出てきている。米国の大規模ロックフェスティバルとして知られるコーチェラ、ロラパルーザ、ACLの運営本部が、持ち込みの禁止を通達した。

その理由については明言を避けたが、セルフィースティック普及後に開催された各地の音楽フェスティバルでは、純粋に音楽を楽しみたい観客から多くの苦情が発生しているという。周囲を無視した自撮りはもちろん、他の観客の頭上にスティックを長く伸ばしてアーティストを撮影するケースもあるというから悪質だ。その影響からか、今年1月にオーストラリアで行われたサウンドウェーヴでも、「心置きなく音楽を楽しんでもらうために」と、セルフィースティックの使用が禁じられていた。


現在は大英博物館やルーブル美術館、メトロポリタン美術館といった世界各地のミュージアムをはじめ、サッカースタジアムやコンサートホール、また日本でも東京ディズニーリゾートがスティックの持ち込み、使用を禁止している。この流れが続けば、使える場所を探す方が難しくなるかもしれない。

【関連記事】

業績低迷マクドナルドの救世主となるか? ビッグマック柄のファブリックが登場!

30ドルの食事に36ドルのチップが置かれた理由とは
重傷の患者と自撮りした救命士がクビに

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング