1DゼインとルイがTwitterで険悪に──「もう言いがかりはやめてくれ」

投稿日: 2015年05月07日 12:00 JST

image

騒動の発端となったノーティー・ボーイの写真
(C)Twitter

ワン・ダイレクション(1D)を脱退したゼイン・マリク(22)と、現メンバーの一人ルイ・トムリンソン(23)がTwitter上で険悪な状況に陥っている。

騒動の発端は、音楽プロデューサーのノーティー・ボーイがフィルター加工をしたゼインとのツーショット写真をツイートしたことだった。ノーティー・ボーイはゼインが1Dに在籍していた頃から共に楽曲製作を行っており、今後のソロ活動においてもプロデュースを担うと目されている人物だ。

これを見たトムリンソンはノーティー・ボーイのアカウントに向けて「12歳のときなら、この加工もイケてたんだろうけどな、ハハハ。 まだやるヤツがいるんだなァ」と心底バカにしたリプライを飛ばした。

そのわずか15分後、「ルイ・トムリンソンみたいな歌うこともできないヤツだっているしな。でも悪口を言うときだけは音程が合うんだよ」とノーティー・ボーイ。

ルイはさらに挑発する。「神はあんたが引く手あまたのプロデューサーだってことを忘れちゃったんだな。他人のキャリアに乗っかるのってどんな気分?」。

ここにいよいよ看過できなくなったとみられるゼインが参戦。「新しい出発をしたときのことを思い出せよ。もう意地の悪い言いがかりをつけるのはやめてくれ」とうんざりした様子でルイを諫めた。

ノーティー・ボーイはこれに触れず、前出のルイの嫌味に対し「それはそっちだろ? おまえは5年間他人頼みでやってきたんだからな。俺はエミリー・サンデーとサム・スミスとの仕事を職務経歴書に書けるぜ」と、自分の仕事を自慢。

ルイもゼインを無視し、ノーティー・ボーイとの罵り合いを続行。「スゴイスゴイ、よくやったよ! 売り上げに関して言えば、俺たちもまあよくやったかなって言えるかな。これからもがんばって!」。これらのやり取りには双方に「なぜそこまで……」と疑問に思うほどの敵意が見て取れる。

実は、ルイとノーティー・ボーイがTwitter上で口げんかをするのは、これが初めてではない。ゼインが3月末に脱退を発表して間もない頃、ノーティー・ボーイはゼインが一人で歌う音源をネット上で公開。「普通の生活に戻りたいなんてウソじゃないの!」「ソロでやっていきたいから1Dを裏切ったのね!」とファンは悲しみと怒りを噴出させた。このノーティー・ボーイの行動にルイが激怒、「うわあ、どんだけ無神経なんだよ。あんたいくつ? 大人になれよ!」とTwitterで訴えた。

その後、この音源は過去のアルバム未収録曲であることがわかったが、ファンやメンバーからすれば「騙し討ち」のように感じるとしても無理もない。しかしノーティー・ボーイは謝罪するどころか、「落ち着けって。俺はルイ・ウォルシュ(オーディション番組『Xファクター』の審査員)のことを話してただけだぜ? 彼は誰かさんを脱落させたからな。ツイートの日付を見ろよ #2014」とルイ個人の過去を当て擦った。ルイは「俺はあんたが上げたビデオについて話してたんだ。ファンを怒らせたいんだろ? 目的を果たせて良かったな」と受け流したが、ノーティー・ボーイはその後も挑発を続けた。二人の因縁はここから始まったと言える。

ゼインからすれば、もう1Dとは完全に決別してソロ活動に専念したいところだろうが、ファンやメディアがそうはさせない。脱退時は「素晴らしい仲間」「これからもずっと応援していくよ」などと美辞麗句で新たな旅立ちを演出したが、その“友情”に入ったヒビは、日ごとに大きくなっているようだ。

【関連記事】

「1Dゼインの脱退は宇宙にどう影響した?」──ホーキング博士が出した答えとは

ゼインに続きハリーも? 「ワン・ダイレクションを辞めたい」
これってうつ病の始まり? 男性のうつ兆候を示す12の変化

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング