ピカソのカンヌの別荘、孫により180億円で売却へ──「辛い記憶を忘れてしまいたい」

投稿日: 2015年05月18日 16:00 JST

image

The Telegraph

ピカソがカンヌに建てた別荘が1億ポンド(約180億円)で売りに出されることがわかった。「ラ・カルフォルニ」と呼ばれるこの別荘は、長男パウロの娘で、ピカソの孫にあたるマリーナ・ピカソ(64)さんが22歳のときに相続して以来、彼女が所有している。

 

マリーナさんは祖父にまつわる苦々しい記憶を払拭するために、別荘の売却を決心したと話す。ピカソは幼かった彼女に冷たく当たり、とてもよそよそしかったという。そしてついに家族ごと見捨てられ、貧困に苦しむことになったのだとマリーナさんは主張する。ピカソは自身の子どもの家族にすら、一切の援助をしなかったというのだ。

 

「5人の子どもたちも大きくなったことですし、この家を売り払って辛い記憶を忘れてしまいたいんです。よい思い出は家の中にはありません。祖父を家の中で見たことはほとんどないんです。彼が絵を描くことにのめり込み、それ以外のものも人も目に入らなかったことは、今なら理解できます。でも、子どもだった私は、そう思うことができなかった」。

 

マリーナさんは小さい頃、父に連れられてこのラ・カリフォルニを訪ねたとき、祖父の作業が終わるまで門の外でずっと待たされていたという。彼女の記憶にある祖父は、そんな冷たい”他人”のような人物なのだ。

 

ちなみにラ・カリフォルニはピカソが1955年に購入し、2人目の妻ジャクリーヌ・ロックと住んでいた家だ。ジャクリーヌはピカソが亡くなった際、マリーナさんやその兄弟を葬式から締め出したことで知られている。その後、ジャクリーヌはピカソの後を追って拳銃自殺を遂げた。

【関連記事】

Facebook創業者マーク・ザッカーバーグが子どもにTVゲームを勧める理由

1DゼインとルイがTwitterで険悪に──「もう言いがかりはやめてくれ」
これってうつ病の始まり? 男性のうつ兆候を示す12の変化

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング