シニード・オコナー、キム・カーダシアンが表紙のローリング・ストーン誌をボイコット

投稿日: 2015年07月15日 18:00 JST

関連キーワード

image

Sinead O'Connor / Facebook

音楽誌「ローリング・ストーン」米国版の最新号では、キム・カーダシアンが表紙を飾っている。アイルランド出身のシンガーソングライター、シニード・オコナー(48)はこれが許せないようだ。

 

「この女(「シワになっちゃうからあんまり笑わないの」みたいな顔しやがって)はローリングストーンの表紙で何をやってんの? 音楽は死んだ。まさかローリング・ストーンが音楽を殺すとはね。サイモン・コーウェルとルイ・ウォルシュはもう、すべての責任を取らなくてもよくなった。ボブ・ディランはぞっとするでしょうよ」。

 

バストを強調させた衣装で微笑むリアリティ・スターを、歴史ある音楽誌がカバーに採用したことに対し、オコナーはこのようにFacebookで怒りと失望をぶちまけた。さらに、「#BoycottRollingStone」というタグを作り、ローリング・ストーンの当該号をボイコットするよう呼びかけている。

 

サイモン・コーウェルとルイ・ウォルシュは音楽プロデューサーであり、オーディション番組「Xファクター」の審査員だ。音楽をダメにしているのはもはやこの二人だけではない、ということだろうが、当人たちからすればとんだとばっちりだ。

 

オコナーのFacebookページには、彼女の意見に賛同する人々のコメントが相次いで寄せられている。「音楽は死んでない。ローリングストーンはだいぶ前に死んだけど」「こんな売春婦を載せるような雑誌になるとは」「この号だけじゃなく、ローリング・ストーンはここ数年ひどいよね」「ローリングストーンは恥を知れ!」「なんでポルノスターが音楽誌の表紙になってるんだ?」「RIP、ローリング・ストーン」などなど、その内容に容赦はない。

 

発行元、およびポルノスター呼ばわりされたキム・カーダシアン側からは現在までにコメントは出ていない。

【関連記事】

アリアナ・グランデ、ドーナツショップで売り物をなめ暴言!

アヴリル・ラヴィーン、ライム病との闘いを語る──「人生で最悪の時だった」

グレイトフル・デッド再結成ライブに現れた「虹」は本物だったのか

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング