誰が受け取る? ホイットニー・ヒューストンの遺産の行方

投稿日: 2015年07月28日 13:00 JST

image

USA TODAY

故ホイットニー・ヒューストンの娘ボビィ・クリスティーナ・ブラウンが26日に息を引き取った。検視が済み次第、亡き母の隣に埋葬されることになっている。まだ特定されていない死因もさることながら、2,000万ドルにも上るヒューストンが残した遺産の行方に注目が集まっている。

 

2014年、ボビィ・クリスティーナが21歳になったときに分割による相続が始まった。21歳で10%、25歳で25%、30歳になった時点で残り全額を受け取ることになっていたという。1993年に作成されたヒューストンの遺言には、ボビィ・クリスティーナが未婚かつ子どもがいない状態で30歳になる前に亡くなった場合、遺産はヒューストンの遺族(母親と二人の弟)に分配する旨が明記されている。元々は別れた夫ボビー・ブラウンが相続人に含まれていたが、2007年の離婚時に彼の名は消去された。

 

現在、ボビィ・クリスティーナへのDV疑惑で調査されているニック・ゴードンは、ヒューストンの手で我が子のように育てられた、いわば兄のような存在。ヒューストンの死後、ボビィ・クリスティーナはゴードンと大っぴらに恋人関係となり、婚約を発表するなどして眉を顰められていた。この頃から、ゴードンは彼女が相続する“義母”の遺産狙いだと噂されていた。

 

遺言書が残されている以上、相続はスムーズに進みそうに思えるが、残念ながらそうはいかないだろうと遺産問題のエキスパートである弁護士ジェリー・ライスマン氏は危惧しているという。USA TODAYによると、同氏は以下のようにコメントしている。

 

「皆が彼女のお金に手を伸ばそうとするでしょう。しかし、誰にでも手に入るというわけではありません。さらに、それは莫大な金額です。そして忘れないでいただきたいのが、今後も払われ続けるヒューストンの楽曲の著作権使用料です。遺産問題はそうそう決着は着かないでしょう」

 

ヒューストン家とブラウン家はずっと不仲な状態が続いているが、今年4月にはヒューストンの義姉パットとボビー・ブラウンが家庭裁判所で協議し、ボビィ・クリスティーナの資産を管理する選定後見人となっている。ブラウンはヒューストンの遺産を受け取ることはできないが、娘が既に相続した遺産については相続権を主張することができるというのだ。

 

ライスマン氏は、「恐らく複数の裁判が遺族により起こされることになるでしょう」と指摘している。

【関連記事】

故ホイットニー・ヒューストンの一人娘が22歳で死去

ホイットニー・ヒューストンの娘、昏睡から目覚める

ホイットニーさん「もう耳がダメ」と娘に薬物依存症を訴える

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング