プリンスがプロデュースしたセクシーユニット「Vanity6」のヴァニティが死去

投稿日: 2016年02月16日 14:00 JST

image

YouTube

 

80年代にわずか3年間だけ活動した女性ボーカルユニット「Vanity 6」でメインボーカルを務めたヴァニティことデニス・マシューズが15日に死去した。

Vanity6はプリンスのビジョンを忠実に具現化したユニットだった。プリンスはバーブラ・ストライサンド主演の『スター誕生』を観て感銘を受け、下着姿でセックスとファンタジーをテーマとした官能的な歌を歌う女性グループをプロデュースしたいと考えていた。そんな折に出会ったのが、B級映画で細々と女優活動を行っていたヌードモデル、デニス・マシューズだった。二人は出会って間もなく恋に落ちた。

プリンスはマシューズを構想中のVanity 6のメインに据え、「ヴァギナ」というステージネームを使うことを提案。しかしマシューズはこれを却下し、ヴァニティと名乗り始めた。そしてVanity 6は1981年にプリンスの全面バックアップを受けてデビュー。1982年にリリースしたセカンドシングル「Nasty Girl」が大ヒットし、ビルボード・ダンスチャートで1位を記録した。

1984年にVanity 6は解散、マシューズはモータウン・レコードと契約しソロに転向する。女優としての活動も再開させ、ミュージカル格闘映画『The Last Dragon』に主演。1986年には『ネバー・トゥー・ヤング』ではジョン・ステイモスの相手役を務めるなど順調にキャリアを積み上げていたが、私生活では当時交際していたロッカーの影響で薬物に溺れ、深刻な依存症に陥っていた。2010年に自費出版した自伝の中で、マシューズは1994年にコカインの過剰摂取で重い腎不全を患い、腎臓移植を受けた後にキリスト教の伝道者となったことを告白している。

摂取を絶っても、薬物の体への影響は甚大だった。マシューズはその後、死ぬまで腎臓関連の病気に苦しみ続け、昨年末には治療費を捻出するためにクラウドファンディングで5万ドルの寄付を募っていた。集まった金額は6,000ドル少々。治療叶わず、マシューズは腎不全でこの世を去った。57歳だった。

【関連記事】

『モンスターズ・インク』『ベイマックス』の脚本家ダニエル・ガーソンが死去

ジェファーソン・エアプレインのポール・カントナーが死去

セリーヌ・ディオン、最愛の夫が死去

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング