チャカ・カーン、プリンスの死因となった鎮痛剤の依存症でリハビリ施設へ

投稿日: 2016年07月11日 15:00 JST

image
E! Online

R&Bの女王、チャカ・カーン(63)が、鎮痛剤フェンタニルの依存症を克服するためにリハビリ施設に入っていることがわかった。

強オピオイドの一つであるフェンタニルはモルヒネを遥かに凌ぐ鎮痛効果を持つ。プリンスは麻薬に分類されているこの薬の過剰摂取で命を落とした。カーンは膝の手術をきっかけに服用するようになったフェンタニルの依存症と闘っており、2013年にも一度リハビリ施設に入所している。今回、同じ薬がプリンスの死因であったことを知り、完全に克服することを目指して再入所を決めたという。カーンとプリンスは友人同士だった。生前、同じステージに立ったことも一度や二度ではない。

カーンはリハビリに専念するため、夏に予定されていたツアーのいくつかの日程をキャンセルした。

【関連記事】

「2番目に稼いだミュージシャン」のライブが無法地帯に

ミートローフ、ライブ中にステージで昏倒
グラミー歌手マイケル・ブーブレ、声帯手術のため休業へ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング