絶望から希望へ──生まれて初めて「ママの声」を聴いた赤ちゃんの反応

投稿日: 2016年07月29日 17:00 JST

image
Idaho Stateman

新生児は生まれてすぐ母親の声を聞き分けることができるという。胎児に聴覚が備わるのは比較的早く、母親の声を聴きながら成長するからだ。

 

米アイダホで約3カ月前に誕生したアナベル・ローレスちゃんは、生まれてすぐの聴力検査にパスしなかった。「羊水が耳に入ってしまっていて聞こえないことはよくあるんですよ」という医師の言葉に両親は安心し、家に連れて帰った。しかしその後、両親は犬のけたたましい鳴き声や、ドアのチャイムに娘がまったく反応しないことに気がついた。

 

母親のサラ・ジョー・ローレスさんはアナベルちゃんの目の前で、洗濯機のドアを続けて5回ほど思い切り閉めてみたが、びっくりするどころか注意を向けることもなかったという。耳の専門病院を受診したところ、アナベルちゃんには深刻な聴覚障害があることがわかった。この時、彼女は生後1カ月。この小さな赤ちゃんは、これまでまったく音のない世界に生きてきたのだ。「あの時は、絶望しました」と両親は振り返る。

 

ローレス夫妻は娘のために補聴器を作ることを決意。2カ月後の7月20日、補聴器のテストをするために親子は再び病院を訪れた。仕事で同行できなかった夫のために、サラ・ジョーさんは娘に補聴器を付ける瞬間を録画し始めた。

 

「聴こえる? こんにちは! ママの声が聴こえる?」

 

そう問いかけると、アナベルちゃんは目を見開き、笑顔を見せた。今までにない反応だった。手を叩くとそちらへ顔を向ける。

 

「カメラをかまえながら、大泣きしてしまいました。聴覚訓練士が手を叩く音を聴いたときのアナベルの反応は一生忘れません。きっと彼女本人もです。大人になったら、このビデオを見せてあげるつもりだから」

 

そう、TODAYに話すサラ・ジョーさんだが、なぜ取材を受けているのか──このビデオが予想に反してバイラル化したためだ。最初は夫に見せるためだけに動画共有サイトに投稿したはずが次第に注目を集め、世界中からアクセスが殺到。愛らしいアナベルちゃんに心奪われる人が続出している。

 

絶望が希望に変わった日、仕事から帰宅してこのビデオを見た父親は涙を流し、夜になるまでずっと娘とおしゃべりして過ごしたという。「彼が話している間に、アナベルは胸の上で寝てしまったの」とサラ・ジョーさんは地元紙「Idaho Statesman」の取材に幸せそうに語った。

【関連記事】

「Hey Siri」が子どもの命を救っていた

"魔女狩り”被害で保護された瀕死の2歳男児、すっかり健康に
死産した母親が350リットルもの母乳を寄付した理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング