8歳の少年、母親と住む家を買うためにベーカリービジネスをスタート

投稿日: 2016年08月10日 20:00 JST

image
Go fund me

米カリフォルニア州に住むジェイレン・ベイリーは、8歳にして実業家としての顔を持つ。

 

彼がCEO兼シェフを務める「ジェイレンズ・ベーカリー」はクッキーやマフィンを作って販売する会社だ。

 

「たくさんお金を稼いで、家を買うんだ。僕とママが幸せに暮らせる家をね」

 

ジェイレンがお菓子作りを始めたのは5歳のとき。その工程は大好きな理科の実験に似ていて、みるみるのめり込んでいった。自分でレシピを工夫しながらチョコチップクッキーやバナナマフィン、カップケーキなどを作り続け、先月1日に販売業に乗り出した。

 

クッキー、スノーボールは12枚で10ドル、マフィンは6個で10ドル、ジャーケーキは1つ15ドルで、約1か月で200ドルも稼いだという。

 

ジェイレンの母シャロンダはシングルマザー。女手一つで息子を育ててきた。今はベビーシッターの仕事をしながら、ジェイレンのビジネスをサポートしている。今2人はフレズノにある小さなアパートに住んでいるが、いつかは大きな家に引っ越すことを夢見ている。

 

近所には配達もしており、ショップのウェブサイトには「このあたりに住んでいる人は、どうぞママに電話してください。喜んでオーダーをうけたまわります」と可愛らしい案内がある。しかし、彼はさらなる成長を目指している。8月3日にオンラインオーダーと国内への発送システムを構築するためのクラウドファンディングを起ち上げたのだ。1万ドルを目標としているが、10日の時点ですでに2,690ドルが寄付されている。

【関連記事】

カニエ・ウェスト、母の日のプレゼントに豪華すぎるモーニングコール

世界最年少の億万長者アレキサンドラ・アンドリーセンってどんな人?
英キャサリン妃、オーガニック食品ビジネス立ち上げへ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!マッチが再び燃える仰天ハロウィンマジック2017.10.24

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング