『保安官ワイアット・アープ』のヒュー・オブライエンが死去

投稿日: 2016年09月06日 12:00 JST

image
コンプリートDVDボックスは米Amazonで4.6の高評価

1955年スタートの米テレビドラマ『保安官ワイアット・アープ』で、10年に渡り主役を務めたヒュー・オブライエンが5日、ビバリーヒルズの自宅で死去した。91歳だった。

 

『保安官ワイアット・アープ』は西部開拓時代に実在した保安官ワイアット・アープ(1848~1929)の活躍を描いた作品。実話とフィクションを巧みに織り交ぜて視聴者を引き込み、全227話の長編シリーズに成長した。クライマックスの「OK牧場の決闘」には5話が割かれ、老若男女を夢中にさせた。シリーズを通してワイアット・アープを演じたオブライエンは、1992年に「National Cowboy & Western Heritage Museum」の西部劇俳優の殿堂入りを果たし、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムにも名を刻んだ。

 

オブライエンはあまりにもワイアット・アープ役のイメージが強すぎたためか、シリーズ終了後の出演作でヒットを飛ばすことはできなかったが、俳優としてではなく若者の育成を手助けする慈善事業家として、数々の賞を受賞した。1958年、当時83歳だったアルベルト・シュヴァイツァーの「教育で最も重要なこと。それは若者に自分自身で考えることを教えるということだ」との言葉に感銘を受け、彼の中央アフリカでの医療活動に同行。一部の批評家により「売名行為だ」とレッテルを貼られたが、オブライエンはそのような心ない声を一顧だにせず、帰国後に非営利団体「HOBY(Hugh O'Brian Youth Leadership Foundation)」を設立した。

 

毎年、全国の有望な高校生1万人を対象に、リーダーシップを養うセミナーに招待するというもので、若者に「自分自身で考え、選択する自由」を与えることを目的としている。これまでに47万人を超える高校生が、このプログラムに参加しているという。

【関連記事】

フレディ・マーキュリー、「星」になる──1991年発見の小惑星の名に

俳優ジーン・ワイルダーが死去 - 『夢のチョコレート工場』のウィリー・ウォンカ役
故プリンスの邸宅ペイズリー・パーク、一般公開へ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング