89歳でアイスキャンディを売り歩く男性――悲しい過去と差し出された手

投稿日: 2016年09月14日 19:00 JST

image
Joel Cervantes Macias/Facebook

ある日のこと。シカゴに住むジョエル・セルバンテス・マシアスさんの目に、路上でワゴンを押す老人が映った。背中を丸め、足を引きずりながら、メキシコの伝統的なアイスキャンディ「パレタ」を売り歩いていたその男性の姿に衝撃を受けたマシアスさんは、彼を写真に収めた。そして20本のパレタを買い、50ドルを渡して「神の祝福を」と声をかけて別れた。

 

帰宅後もマシアスさんはその男性のことが気に掛かっていた。歩くのも辛そうなのに、なぜ働かなくてはならないのか──マシアスさんはFacebookに、「私は彼を、心の底から尊敬します!」と書き添えて彼の写真を投稿した。その写真が話題となり、数々のメディアが彼を取り上げている。

 

彼の名前はファイデンツィオ・サンチェス。89歳だ。メキシコのモレロスで誕生したサンチェスさんは生後6カ月で孤児となり、13歳のときには自活するために働き始めたという。結婚して授かった一人娘に十分な教育を与えるためにシカゴに移住し、夫婦で馬車馬のように働いた。その甲斐あって娘は立派に育ち、両親を経済的にも支えるようになったが、今年になって他界してしまったのだそう。サンチェスさんはCNNの取材にこう語る。

 

「あの子が死んだときは本当に辛かった。これからどうしていけばいいのだろうとも思った。もう仕事は引退してしまっていたけど、施しを受けたくはなかったから、またパレタを売り始めたんだ」

 

妻は病気がちで働くことは出来ず、生活は困窮していた。そんな事情を知ったマシアスさんは、クラウドファンドサイト「GoFundMe」で寄付を呼びかけた。目標額は3,000ドル。施しは受けたくない、とサンチェスさんは言うが、「できることは何でもして彼を助けたいのです。彼を見たとき、心がつぶれるようでした。この年まで働かなくてはいけないなんて……。老後を楽しんでもらいたいんです」

 

目標の3,000ドルはあっと言う間に達成し、わずか4日で寄付額は32万ドル(約3,280万円)を超えた。マシアスさんは、いつでも必要なときにサンチェスさんがこの口座にアクセスできるようにしたという。重いワゴンから解放され、残りの人生を伴侶と共に精一杯楽しんでもらいたい。

【関連記事】

家に斧を持った強盗が……! 勇敢な6歳の女の子が取った行動とは

「宿題は出しません」――米小学校の担任が大胆に方針転換した理由
8歳の少年、母親と住む家を買うためにベーカリービジネスをスタート

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング