「宝くじなんてお金のムダよ!ほら!」 夫を叱るために買ったくじが100万ドル当選

投稿日: 2016年10月28日 16:00 JST

関連キーワード

image
WLOSのウェブサイトより

 

一発逆転を夢見て宝くじを買い続ける人は少なくない。「買うはずだったくじがもし当たっていたら……」そんな考えが頭をよぎり、止め時が見つけられないのだ。

 

米ノースカロライナ州に住む主婦、グレンダ・ブラックウェル(57)さんも、当たるはずもない宝くじを延々と買い続ける夫を苦々しく思っていた。「本当に彼にはイライラするんですよ。あんたはお金をどぶに投げ捨てているだけだ、って言ってやるんですけれど」。それでも夫は毎回紙くずを買ってくる。そこでグレンダさんは先週末、10ドル分のカロライナ・ミリオンズスクラッチを購入した。宝くじは誰が、いつ、いくら買ってもムダだということを身をもって夫に教え込むためだ。

 

しかし、この”教訓”は役に立たなかった。グレンダさんが買ったくじが100万ドル(約1億500万円)の大当たりを引き当てたのだ。

 

「前言を撤回しないといけませんね。買う価値がありましたよ」とグレンダさんはホクホク顔だ。「これまでずっと頑張ってきました。ようやく自分たちの土地を家を買うことが出来ます。もう支払いに頭を悩ませなくていいんだわ。娘にも分けてあげられるし、2人の孫娘の大学進学資金にもあてるつもりです」と、ローカルニュース番組のWLOSに語っている。

 

グレンダさんは20年間に渡って5万ドルずつ分割で受け取るのではなく、健康面の不安もあるため一括での払い戻しを選んだ。税引き後の額面で41万5503ドルと、総額は半分以下になってしまうが、ブラックウェル家はお金の悩みから解放されたのだ。

 

【関連記事】

ジャンボ宝くじ 大当たりを呼ぶ「執念買い」&「ついで買い」

直感が大事…「スクラッチ宝くじ」高額当せんエピソード

宝くじ当せんで窃盗罪不起訴に…宝くじ70年の驚愕伝説5

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング