ボブ・ディランも敬愛するシンガーソングライター、レナード・コーエンが死去

投稿日: 2016年11月11日 12:00 JST


image
2013年のモントルー・ジャズ・フェスティバルで歌うレナード・コーエン 写真:ロイター/アフロ

 

シンガーソグライター・詩人として数々の偉大な作品をこの世に送り出したレナード・コーエンが死去した。82歳だった。

 

公式Facebookページに掲載された訃報には、「我々は、最も尊敬され、最も多作な空想家の一人を失いました。お別れの会は後日、ロサンゼルスで行います。家族は、プライバシーを尊重してもらうことを望んでいます。死因はまだわかっていません」と綴られている。

 

コーエンは1934年、カナダ・ケベック州に誕生した。10代の頃にギターと詩作を始め、大学在学中に初の詩集を刊行。卒業後はギリシャのイドラ島へ移住し、詩集『Flowers for Hitler 』や小説『The Favourite Game』などを上梓するが、なかなか芽が出なかった。そして1966年にニューヨークへ渡り、シンガーソングライターとしての道を歩み始める。

 

彼が紡ぎ出す音と詩は高い評価を受け、70〜80年代に最も成功したアーティストの一人となった。その音楽は後進のミュージシャンに多大な影響を与えた。同時代に活躍した7歳下のボブ・ディランとはまさに盟友。互いを心から尊敬し合い、この時代の音楽を牽引し続けた。

 

年を重ねても精力的に活動を続け、10月26日には約2年ぶりとなるアルバムをリリースしたばかりだった。10月13日に行われた試聴会にも姿を表し、ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞について「エベレストの頂上にメダルを飾るようなものだよ」とユーモラスにコメントしていた。アルバム発売に先がけ、文学誌『The New Yorker』のオンライン版に10月17日に掲載された「LEONARD COHEN MAKES IT DARKER」という記事では、ディランがコーエンの音楽性の素晴らしさについて言葉を尽くして語っている。

 

同記事で、コーエンは「もう死ぬ準備はできている」と口にしていた。後日、「冗談だよ」と笑っていたというが、今考えてみれば、彼はその頃から人生の幕の引き方を考えていたのかもしれない。

【関連記事】

ボブ・ディランがたった1人のためにライブ開催——その時ファンはどうしたか

ジョン・レノンの最初の妻シンシアの死をオノ・ヨーコが追悼し、非難殺到
故ホイットニー・ヒューストンの一人娘が22歳で死去

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング