トランプ夫人のモノマネで非難を浴びたセレブが謝罪

投稿日: 2016年11月22日 16:00 JST

image
(写真・アフロ)

 

アメリカ現地時間で11月20日に開催された歌の祭典「アメリカン・ミュージック・アワード 2016」で司会を務めたセレブのジジ・ハディッド(21)が、次期米大統領に選ばれたドナルド・トランプ氏(70)の夫人であるメラニア夫人(46)のモノマネを披露し、トランプ支持者らから反感を買った件について、「不快に思った方には謝りたい」とツイッターを更新した。

 

米People誌によると、同イベントで司会を務めたジジは、授賞式のオープニング・モノローグを披露。その中で、メラニア夫人を意識した顔つきをしながら、スロベニア出身である夫人の独特のアクセントをまね、「私は夫であるバラク・オバマ大統領と子供たちのサーシャとマリアを愛しています」と話した。以前、夫人に浮上した、オバマ大統領の夫人ミシェル・オバマ氏のスピーチを盗用したのではないか、という疑惑をからかったものだと報じられている。

 

この場面はツイッターを中心にSNSで広まり、トランプ支持者からは、「メラニア氏への最大の侮辱だ」という非難のコメントが多く寄せられた。これに対しジジは21日夜、直筆で書かれた手紙を撮影したツイッターを更新。手紙には「台本にあった度をこえたジョークは全て事前に除いた。あの発言はコメディとしてのユーモアで、悪意はない。メラニア夫人もショー・ビジネスを理解していると思うが、不快に思った人たちには謝罪したい」と書かれていた。

 

このツイートは、投稿後4時間で1万近くの「いいね」がつくなど、早くも反響を呼んでいる。

 

【関連記事】

トランプ夫人、エスコート嬢報道のタブロイド紙を1億5,000万ドルで提訴

レディー・ガガ、トランプ夫人を「偽善者」と糾弾
ゼイン・マリクとジジ・ハディッドが破局

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング