ラジー賞に『ズーランダー NO.2』が最多ノミネート

投稿日: 2017年01月24日 12:00 JST

image
『ズーランダー No.2』のベン・スティラーとオーウェン・ウィルソン
(写真:PictureLux/アフロ)

 

アカデミー賞受賞式の前夜に行われる残念な映画の祭典「ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)」。第37回となる今年のノミネーションが発表され、あの人気作の続編が「最低映画」の称号に王手をかけた。

 

「2016年最低作品賞」をはじめとした9部門にノミネートされたのは『ズーランダー NO.2 』。人気を博した前作『ズーランダー』の15年ぶりの続編ということもあり、期待値が高すぎたのかもしれない。主演・監督・脚本を一手に引き受けた才能溢れるベン・スティラーが、各部門総なめの勢いだ。日本ではDVDスルーだった。

 

続いて『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』が8部門にノミネート。ベン・アフレックがバットマンを、ヘンリー・カヴィルがスーパーマンを演じ、「二大ヒーローがついに競演!」と話題をさらったが、「暗すぎる」「脚本がダメすぎて話がわかりづらい」など評価は惨憺たるものだった。

 

ロバート・デ・ニーロ主演のコメディ『ダーティ・グランパ』も6部門の候補に入ってしまった。妻に先立たれたばかりの自由すぎる祖父(ロバート・デニーロ)と、結婚を控えた孫(ザック・エフロン)の下ネタ全開の珍道中を描くロードムービー。本国では笑わせたい意気込みは感じられるものの、行きすぎた下ネタとギャグが空回り気味で痛々しいとの声が多かった。日本では今月公開されたばかりだが、デ・ニーロのはじけぶりが意外と好評のようだ。

 

主要部門のノミニーを以下に紹介しよう。

 

●最低作品賞
・バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
・ダーティ・グランパ
・キング・オブ・エジプト
・Hillary's America: The Secret History of the Democratic Party(原題)
・インデペンデンス・デイ: リサージェンス
・ズーランダー NO.2

 

●最低男優賞
・ベン・アフレック(バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生)
・ジェラルド・バトラー(キング・オブ・エジプト)
・ヘンリー・カヴィル(バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生)
・ロバート・デ・ニーロ(ダーティ・グランパ)
・ディネシュ・D・スーザ(Hillary's America: The Secret History of the Democratic Party)
・ベン・スティラー(ズーランダー NO.2 )

 

●最低女優賞
・ミーガン・フォックス(ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>)
・タイラー・ペリー(Boo! A Madea Halloween)
・ジュリア・ロバーツ(Mother's Day )
・ベッキー・ターナー(Hillary's America: The Secret History of the Democratic Party)
・ナオミ・ワッツ(アリージェント part1)
・シェイリーン・ウッドリー(アリージェント part1)

 

●最低監督賞
・ディネシュ・D・スーザ(Hillary's America: The Secret History of the Democratic Party)
・ローランド・エメリッヒ(インデペンデンス・デイ: リサージェンス)
・タイラー・ペリー(Boo! A Madea Halloween)
・アレックス・プロヤス(キング・オブ・エジプト)
・ザック・スナイダー(バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生)
・ベン・スティラー(ズーランダー NO.2 )

 

●最低助演女優賞
・ジュリアン・ヒュー(ダーティ・グランパ)
・ケイト・ハドソン(Mother's Day )
・オーブリー・プラザ(ダーティ・グランパ)
・ジェーン・シーモア(Fifty Shades of Black)
・セーラ・ウォード(インデペンデンス・デイ: リサージェンス) ・クリステン・ウィグ(ズーランダー NO.2 )

 

●最低助演男優賞
・ニコラス・ケイジ(スノーデン)
・ジョニー・デップ(アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅)
・ウィル・フェレル(ズーランダー NO.2 )
・ジェシー・アイゼンバーグ(バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生)
・ジャレッド・レト(スーサイド・スクワッド)
・オーウェン・ウィルソン(ズーランダー NO.2 )

 

●最低脚本賞
・バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
・ダーティ・グランパ
・キング・オブ・エジプト
・Hillary's America: The Secret History of the Democratic Party
・インデペンデンス・デイ: リサージェンス
・スーサイド・スクワッド

 

●最低スクリーンカップル賞
・ベン・アフレック&BFF(Baddest Foe Forever/最悪かつ・永遠の・宿敵)のヘンリー・カヴィル
・エジプトの神どれでも2人、もしくは人間たち
・ジョニー・デップ&彼の吐き気を催させる色鮮やかな衣装(アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅)
・かつては尊敬されていたキャスト全員(素晴らしきかな、人生)
・タイラー・ペリー&彼の使い古されたカツラ(BOO! A Medea Halloween)
・ベン・スティラー&BFF(Barely Funny Friend/ほとんど・おもしろくない・友達)のオーウェン・ウィルソン

【関連記事】

激震のアカデミー賞、ウィル・スミスもボイコットへ

アカデミー賞のお土産袋、今年は史上最高額の2,470万円! その目玉は……?
ジョン・トラボルタ、アカデミー賞授賞式での“大失態”に「1日中自分を責め続けた」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング