祝福されなかったアカデミー主演男優賞ケイシー・アフレック、セクハラ疑惑について口を開く

投稿日: 2017年03月02日 18:00 JST

image

Aaron Poole / (C)A.M.P.A.S.

 

作品賞を呼び間違えたり、追悼メッセージで別人の写真を流したりと、何かと不始末が多かった今年のアカデミー賞。何事もなく終わったかのように見えた主演男優賞の発表でも事件が起こっていた。ベン・アフレックの弟であるケイシー・アフレックが受賞したが、プレゼンターのブリー・ラーソンが拍手を拒否したのだ。

 

ラーソンは昨年、『ルーム』で主演女優賞を獲得した。『ルーム』では、17歳のときに誘拐され、その後7年間に渡り性的・身体的虐待を受け続ける女性を演じた。監禁生活の中で犯人の子どもを産み育て、息子が5歳になったことをきっかけに脱出計画を実行する。

 

役作りのために1か月間どこにも外出せず部屋に閉じこもり、性被害に遭った女性の心情を理解するために精神分析医とじっくり話したというラーソン。撮了後は性的暴行の被害者を支援する活動をスタート。昨年のアカデミー賞授賞式では、大学内で起こったレイプ事件を題材とした作品『The Hunting Ground』に主題歌「Til It Happens To You」を提供したレディー・ガガが、レイプされた過去を持つ52人の女性たちと共にステージで同曲を披露した。ガガ自身も性的暴行のサバイバーだ。パフォーマンス後、ラーソンは立ち上がって会場を後にする女性たち全員と抱き合い、彼女たちの勇気を讃えた。

 

ケイシー・アフレックの話に戻ろう。彼は2010年、監督作『容疑者、ホアキン・フェニックス』を撮影中にわいせつないやがらせがあったとして、プロデューサーと撮影監督からセクシャルハラスメントで訴えられている。アフレックは容疑を否認し、結果示談となったが、その真偽は今もって明かにされていない。

 

オスカー像授与後の拍手を拒否し、祝意を表さなかったことで、ラーソンは性的犯罪の加害者に対する無言の抗議を行ったのだ。彼女の毅然とした姿勢はSNSで絶賛された。

 

アカデミー賞の受賞を祝われるはずが、性的犯罪の容疑者であった過去を蒸し返されることになってしまったアフレックは、疑惑を払拭するべく、ついにボストン・グローブ紙の取材に応えた。

 

「どんな理由があっても、誰であろうとも、いかなる虐待も許すべきではないし、忌まわしいものだと思っています。そして全ての人に、職場をはじめとしたあらゆる場所で敬意をもって応対される価値があると思います。本当に覚えのないことです。僕にできることといえば、ただ、自分の人生を僕なりに生き、自分の価値観に従って話し、行動するだけですよ」と改めてセクハラを完全否定。

 

これまでは偉大な兄の陰に隠れ、パッとしなかった印象のアフレックがいよいよ脚光を浴びる時が来た──と思ったが、有り難くない方向からのスポットライトもしばらくは消えそうにない。

【関連記事】

ビヨンセがコーチェラ出演をキャンセル、チケット価格は暴落

アカデミー賞でまさかの大失態! 作品賞の発表で作品名を呼び間違える
ビヨンセ降板、コーチェラのピンチヒッターはレディー・ガガ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング