難病で聴力を失った女性がオーディション番組に出演――その歌声に会場中が涙

投稿日: 2017年06月08日 13:00 JST

image

America's Got Talentの公式チャンネルより

 

米国のオーディション番組『America's Got Talent』に、マンディ・ハーヴェイという女性が出場した。一見、どこも変わったところのない29歳だが、彼女はまったく耳がきこえない。

 

審査員席の隣に立った手話通訳者を通じて、ハーヴェイは自らの過去をこう語った。

 

「18歳のときに、結合組織病にかかってすべての聴力を失ってしまったんです。歌は4歳から歌っていました。きこえなくなった後も、私には音楽が残っていた。目に見えるものと自分の音程を信じて、マッスルメモリーで歌う方法を身につけたんです」

 

ステージに立つ彼女は靴を脱いでいたが、これは床を伝わる音の振動を足の裏でキャッチし、テンポを掴むためだと説明した。

 

披露したのは自身が作詞作曲したオリジナル曲「Try(挑戦)」。夢を追い続けることをやめない、という決意を込めた歌だという。

 

ベースとキーボードの伴奏を従え、ウクレレを弾きながら歌い出した彼女の透き通った声に、会場中が息を飲んだ。辛口と仏頂面で知られる審査員のサイモン・コーウェルも、驚きの混じった笑みを浮かべてハーヴェイのパフォーマンスに釘付けだ。そのうち、観客の多くが涙を拭い始め、「だから笑って、挑戦しよう」というサビで皆が立ち上がった。

 

満場のスタンディングオベーションを贈られながら歌いきったハーヴェイに、コーウェルは「これは、通訳なしでもわかるよね」と声をかけ、力いっぱいゴールデン・ブザーを鳴らした。この番組では4人の審査員のうち、3人が合格を出さないと次には進めないルールだが、ゴールデン・ブザーは1人が押せば即合格。相談せずとも、満場一致で合格することが確信されたときにしか押されない特別なブザーだ。

 

「言葉が出ない。長年、この仕事をやってきたけど、これほどすばらしいものは見たことも聴いたこともない。正直、人に驚かされたり感動させられたりすることなんてないと思っていたんだ。でも、君はやってのけた。君の声、歌、音程、すべてが美しい。おめでとう、次は生中継審査会だ」とコーウェルは最上級の賛美とエールを贈った。

 

【関連記事】

アリアナ・グランデ 英テロ“慈善ライブ”にスターたち集結!

ビヨンセ降板、コーチェラのピンチヒッターはレディー・ガガ
マライア・キャリーとエルトン・ジョンを結婚式に呼ぶといくらかかる?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング