スパイク・リー、『ジャンゴ 繋がれざる者』を「先祖に失礼だ」と酷評

投稿日: 2012年12月25日 00:00 JST

スパイク・リー、『ジャンゴ 繋がれざる者』を「先祖に失礼だ」と酷評

image

米国でクリスマスに公開されたクエンティン・タランティーノ監督・脚本の『ジャンゴ 繋がれざる者』。ゴールデン・グローブ賞では作品賞を含む4部門に5ノミネートされるなど前評判も上々だったが、映画監督のスパイク・リーは全くお気に召さなかったようだ。

 

『ジャンゴ?』は1859年のアメリカ南部を舞台としたマカロニ・ウエスタン。奴隷のジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は賞金稼ぎのドクター・キング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)の手で自由の身となる。2人はチームを組み、お尋ね者を次々と始末していくが、そんななか、離ればなれになってしまった妻(ケリー・ワシントン)が極悪白人カルビン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)が経営する農園に囚われていることを知る。ジャンゴは妻を取り戻すためにキャンディに戦いを挑む。

 

スパイク・リーは黒人として自らのルーツに誇りを持っており、この作品における黒人奴隷の描き方に納得がいかないという。Vibeのインタビューでは「コメントはできないね。見に行く気はないから。ただ、1つ言えるのはこの作品には僕の先祖に対する敬意がまったく感じられないってことだ」と静かに語っている。

 

Twitterでも、奴隷制度についてこのようなつぶやきを投稿した。

 

 

「アメリカの奴隷制度はマカロニ・ウエスタンなどではない。あれはホロコーストだ。僕の先祖たちはアフリカから盗まれ、奴隷にされた。僕は彼らを誇りに思う」

 

これに対し、他のユーザーからは「『イングロリアス・バスターズ』は見ましたか?あれもホロコーストを描いたものでした。でもウディ・アレンはこの作品をけなしていたでしょうか」「正しいけど、アフリカ人は清教徒が来る前からアメリカにいたわよ」などリプライが寄せられ、ちょっとした議論になっていた。

 

『ジャンゴ 繋がれざる者』の日本公開日は2013年3月1日。

【関連記事】

ベッカムの次男、英老舗ブランド「バーバリー」の広告塔に

2012年ダメな映画ポスターワースト13発表、女優名を間違った日本版もランクイン
「2012年最も興味深い人」発表!トップは不倫スキャンダルの元CIA長官

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング