「おっぱい見たよ」ソングで酷評のセス・マクファーレン、交際女優と破局

投稿日: 2013年03月21日 00:00 JST

image

(C)2013 E! Entertainment Television, LLC. A Division of NBCUniversal.

 

今年のアカデミー賞授賞式でホストを務めたセス・マクファーレンが、昨年9月より交際していたイギリス人女優エミリア・クラークと破局したことがわかったとE! が報じている

 

クラークは中世のファンタジー世界を描き人気を博しているTVドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』にテナーリス・ターガリエン役で出演している。『ゲーム〜』のロケは主にヨーロッパで行われるため、カリフォルニアを拠点としているマクファーレンと物理的な距離が生じてしまったことが別離の原因だという。

 

実際に、監督・脚本・制作を一手に担った『テッド』が全世界的なヒット作となったマクファーレンは、ハリウッドで次回作の準備に大忙し。クラークも『ゲーム〜』の第3シーズンのプレミア放送が今月末に控えている上に、ブロードウェイで上演する舞台『ティファニーで朝食を』の稽古で多忙を極めている。

 

2人に近い関係者は「遠距離のまま関係を続けることが難しかったようですが、2人はこれからもよい友人でいるそうですよ」と語る。

 

セス・マクファーレンといえば、2月のアカデミー賞授賞式での司会が酷評されたことが記憶に新しい。特に、映画の中でヌードになった女優を次々と名指しして「きみのおっぱい見たよ」と高らかに歌い上げた「We Saw Your Boobs Song」はジョークの域を通り越していた。名前を出されたナオミ・ワッツやシャーリーズ・セロンはあからさまに顔をしかめ、軽蔑と不快感を隠そうともしなかった。プレゼンターを務めた大御所、ジェーン・フォンダも「女優の胸を見たという歌とダンスはとても気分が悪かった」と後日、Daily Mail紙の取材に話している。

 

このパフォーマンスで一部の女性を敵に回したマクファーレン。次のお相手はすぐに見つかるだろうか。

 

【関連記事】

ジャスティン・ビーバーがパリのホテルを追い出された理由とは

グウィネス・パルトロウ、3人目の子を流産していたと告白 「私も死にそうだった」
復縁プロポーズも虚しく…タイガー・ウッズの元妻が20歳年上の石炭王と交際中

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング