レーガン元大統領の娘がレズビアン小説を出版

投稿日: 2013年03月22日 12:00 JST

image

(C)Daily Mail / Mail Online

ロナルド・レーガン元米大統領の次女で女優・小説家のパティ・デイヴィス(61)がレズビアンを題材とした小説を自費出版した。Daily Mail紙が伝えている。

「Till Human Voices Wake Us」というタイトルのこの本は、息子を亡くした後に義理の姉妹と恋に落ちる女性の姿を描いている。「自叙伝では?」と見る向きもあるが、デイヴィス本人は「私はレズビアンではないし、自伝でもない」と否定している。

amazonの書籍紹介には、「私はこれまで8冊の本を出しました。しかし、近年、私が他の大多数の作家と同じ立場にあるということに気づきました。出版社にイエスと言わせるのは本当に難しいのです。いくつもの出版社を回ったけれど、オファーしてくれるところは皆無でした。だから、Till Human Voices Wake Usを自費出版することにしたのです」と正直に綴っている。

デイヴィスはレーガンとその2人目の妻・ナンシーとの間に1952年に誕生。共和党保守派の最先鋒だった父に反発して自由主義者となり、妊娠中絶の自由やゲイの人々の権利を主張したり、核兵器反対運動に身を投じたりと、レーガン家の異端児として知られるようになった。レーガン家の内情をテーマに執筆活動も行い、41歳のときにはPLAYBOY誌でヌードを披露し物議を醸すこともあったが、レーガンが引退後、アルツハイマー病に罹患していることを告白した後に和解し、親子関係は修復されたという。

「Till Human Voices Wake Us」は米amazonにて3ドルで販売されており、日本でもKindle版が285円で購入できる。

【関連記事】

「おっぱい見たよ」ソングで酷評のセス・マクファーレン、交際女優と破局

ジャスティン・ビーバーがパリのホテルを追い出された理由とは
グウィネス・パルトロウ、3人目の子を流産していたと告白 「私も死にそうだった」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング