『フレンズ』時代はドラッグとアルコール中毒だった…“チャンドラー”が告白

投稿日: 2013年05月31日 11:00 JST

image

ABC News

1994年から2004年まで放映された米NBCのメガヒットTVドラマ『フレンズ』。終了してから既に10年近くが経過しているが、今なおファンは多く、映画化の噂が一大ニュースになるなど、その人気は折り紙付きだ。そんな『フレンズ』の主要メンバーの1人、チャンドラーを演じた俳優のマシュー・ペリー(43)がABC Newsに出演し、ドラッグとアルコールの依存症で苦しんでいた過去を語った。ペリーが依存症だったことは既知の事実だが、この件について自身が詳しく話すのは初めて。

『フレンズ』の放映中はほぼ毎日、ジェニファー・アニストンやコートニー・コックスら仲間たちと撮影していたが、依存症であることはひた隠しにしていたという。

「隠すのは相当うまかったと思うよ。でも、結局気づかれちゃったんだよね」

数回にわたってリハビリ施設に入所し、依存症は克服。しかし、当時の自分の写真は見られないと告白する。

「正直、ひるんでしまうんだ。見るのが怖い。僕は病んでいたから」

爆発的人気を誇るドラマのメインキャストという立場は、常にパパラッチやワイドショーに狙われることを意味する。しかしこの事実が、彼の依存症克服に一役買うことになった。

「僕はバーに入ることさえできなかったんだ。バーなんて誰でも行けるだろ?でも、僕には常に人の目がつきまとってるから、もしバーなんかに入ったら『オウ、きみは飲んじゃダメだろ?』って言われるんだよ」

現在ペリーはマリブの豪華マンションで禁酒生活を送っている。最後に『フレンズ』の続編や映画化の可能性についてきかれると

「ないね。あり得ない。もし映画化なんかしたら作品に傷が付くよ」

と一蹴した。

 

【関連記事】

『パイレーツ・オブ・カリビアン』5作目の監督候補にノルウェー人ユニットが急浮上

米大手デパートの広告に写ったヤカンがヒトラーに激似で物議
「リアーナが殴られるのはブスだから」 逮捕された元人気女優が暴言

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング