全米がイラッ! カナダ人歌手がMLB始球式で史上最悪のピッチング

投稿日: 2013年07月16日 17:00 JST

image

FOX SPORTS

始球式といえば、日本でも可愛らしいアイドルや女優が登板し、ファウル球を放る様子をニコニコ見守る……という図式が確立されている。しかし今、ある女性が栄誉あるMLBの始球式に呼んでもらえたにも関わらず、一切の練習をせずマウンドに上がり、みっともないピッチングを披露したことで「史上最悪の始球式だ」と非難の声が寄せられている。

米国時間14日、タンパベイ・レイズ対ヒューストン・アストロズの試合前に行われた始球式に登場したのはカナダ人アーティストのカーリー・レイ・ジェプセン(27)。レイズの背番号8のユニフォームに身を包み、マウンドに立った彼女は、ピッチャーズプレートからかなり前進したところから投球した。そのボールはなかなか右手を離れず、次の瞬間には地面に叩きつけられ、一塁線の方へコロコロと……。実況のアナウンサーは文字通り絶句。その後すぐに「僕らは彼女のウォーミングアップを見ましたが、投げる球は全部ストライクでしたよ」とジョークでフォローした。

この様子を収めたビデオは「ひどすぎる始球式」というタイトルでYouTubeで共有され、あっという間に視聴回数は100万回を超えた。また、この様子を報じたニュースサイトのコメント欄には「彼女はバッターのところまで歩いて行くつもりだったのかい?」「こりゃほんとに最悪だ」といったコメントが多数見受けられる。

TMZのレポーターが始球式の後にジェプセンを直撃し「投げる前に練習したの?」と質問すると、彼女は「もちろんよ」と答えたが、これは明かにウソだとTMZは断定している。ここで「全然しなかったの」と申し訳なさそうなそぶりでも見せればよかったのだが、開き直ってしまったことで、しばらくバッシングが続くかもしれない。

【関連記事】

『glee/グリー』のブレイク・ジェンナーとメリッサ・ブノワが婚約

ジェニファー・ロペス、トルクメニスタンの大統領の誕生日に『ハッピーバースデー』を歌って非難
クリスティン・ウィグ、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』の続編オファーを蹴る

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング