打倒アベンジャーズ? DCの『ジャスティス・リーグ』はザック・スナイダーが監督へ

投稿日: 2014年04月28日 14:00 JST

image

The Wall Street Journal

米国の二大コミックスタジオといえば、マーベルとDCだ。前者は言うまでもなく、アイアンマンやハルク、キャプテン・アメリカなどを送り出し、メディアミックスでも大成功を収めている。ヒーローたちが集結する『アベンジャーズ』も世界的な大ヒットとなったことは記憶に新しい。

 

DCはスーパーマンやバットマン、ワンダーウーマンらを輩出。こちらも『ダークナイト』3部作や、ヘンリー・カヴィルの『マン・オブ・スティール』など、多数の作品が映画化され、業績は好調だ。現在、DC版アベンジャーズとも言えるヒーロー大集合作品『ジャスティス・リーグ』の映画化プロジェクトが進められているが、『300』『マン・オブ・スティール』のザック・スナイダーが監督に決定したとThe Wall Street Journalが報じている。

 

制作元の米ワーナー・ブラザースのグレッグ・シルヴァーマンは「本作品によって、この世界はさらに拡がります。『スーパーマン VS. バットマン』は『ジャスティス・リーグ』に続きます」とコメント。新バットマンがベン・アフレックに決定したことで賛否両論が寄せられた『スーパーマン VS. バットマン』は2016年の公開が予定されている。この作品には『ワイルド・スピード』シリーズのジゼル役で知られるガル・ガドットがワンダーウーマンとして出演する。キャスティングについては発表されていないが、ヘンリー・カヴィル(スーパーマン)、ベン・アフレック(バットマン)、ガル・ガドット(ワンダーウーマン)はほぼ確定と見られている。

 

脚本はまだ執筆中の段階にあり、公開は早くとも2018年頃になるという。

【関連記事】

スカーレット・ヨハンソン、第一子を妊娠!『アベンジャーズ』の続編はどうなる?

今年YouTubeで最も多く再生された映画予告編は『ダークナイト ライジング』
ザック・スナイダー監督×クリストファー・ノーラン製作で放つアクション・エンターテイメント!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング