及川眠子 結婚13年での離婚を書籍化「未来は自分で変えられる」

投稿日: 2016年07月30日 06:00 JST

image

「(13年間の夫婦生活は)一言で言うと面白かった」

 

そう言い切るのは、新世紀エヴァンゲリオンの主題歌『残酷な天使のテーゼ』の作詞家で知られる及川眠子(おいかわねこ・56)さん。その及川さんが、この度、2001年から2014年まで、トルコ人の夫との夫婦生活を綴った『破婚 18歳年下のトルコ人亭主と過ごした13年間』(新潮社)を上梓した。結婚生活の間に、夫に注ぎ込んだお金、なんと13年間で約3億円。離婚時に背負った借金は、7000万円というから驚きだ。それでも面白かったと言える境地にたどり着いた。

 

「ここまで徹底的にやられるのってあんまりないでしょ。私にも最後のほうは騙されたという自覚はあった。元々彼にそうした部分が多いにあることを、私自身ももちろん分かっていた。でも愛でそれを押さえ込んでいた。最後のほうは“してやられた”という気持ち、なんでこんな嘘にやられたんだろうと。でも、向こうは向こうで嘘ではないの。そのときの彼の言っていることは真実なんだよ。ただそれを守れない」

 

トルコで恋に落ちた及川さんは、ほどなくして元旦那と旅行会社を設立。元旦那の要求されるがままにお金を与え続けた。それは、彼を一流のビジネスマンに変えるための、及川さんなりの考えだった。

 

「学んだことは“人は変えられない”ってこと。私は自立していて、彼の地位も名誉も経済も脳みそでさえ私だった。私はそこらへんにいるノラを拾った。これ、言い換えればあしながおじさん。男がやったら男の甲斐性だったりするんだけど、女がやると、騙されていると言われる。これが凄く不思議なんです。でも、経済的にも社会的にもそれなりに認められている、それに知恵もある。だから私は彼に仕事のやり方だとか、日本での習慣とか全部教え込んだの。それで彼を変えようとしたの。ノラを一流にしようとしたの。一流のビシネスマンにしようと。雑種の犬だってちゃんと洗ったらもしかしたら、犬のコンテストで勝つ雑種かもしれないよと思っていたんだけど、人は変えられなかった。無理に変えられない。人は自分の気づきによってしか変わらない。でも、この本のなかで一番言いたかったことは、未来は自分の意思で変えられる。立ち止まるより、悪いことがあるとわかっていても進むほうが楽しいということ」

 

振り返ってみると、濃密な13年間でありながら、元旦那のことを綴った詞がひとつもないことに気づいた。それはいったいなぜだったのか。

 

「凄く説明しづらいんだけど、人との関係性の中で湧き上がる思いが詞になる。それが加工されていく。大抵そのネタになるのって、なんで通じないんだろうとか、こっちはこう返したのにあっちはこう返したっていう不安だったりとか嬉しさだったりとか、そういう部分なの。でも彼はもっと直情的だった。これをこう伝える、で向こうが返すという。その中で『何で分かんないの?』ということはあっても、微妙な、揺れた部分があんまりなかった。13年もいて、私、半分も一緒にいなかったんだよ、彼と。3分の1ぐらいだった。でも1回も『寂しい』って感じたことがなかった。例えば、他の男だと一緒にいても寂しいって思うことがある。それは伝わらなさだったり、気持ちの掛け違いだったりが寂しい気持ち。ところが元旦那にはそれはなかった。自分の中で、余計な1人遊びみたいな妄想を作らない。詞を作るのっていうのはいわゆる妄想だから」

 

経済的自立の上にしか精神的自立はない。主婦がこれからやりたいことを自由にやっていくために必要なことは、何でもいいから働くこと。それは小さいことからでもいいと及川さんは言う。

 

「主婦として生活していくなかで、不満がある人がどうやって突破していくかということなんだけど、ほんの少し向きを変えたりすることで世界は全然変わる。例えば今まで朝7時に起きていたのを朝5時に起きるということに変えたりする。じゃあその2時間散歩してみようと思って実行すると凄く変わったりする。だから今ある、今パターン化されたものをどこか1つ風穴あけたり、少し変えてみたりすることで全然世界は変わる。まずそこを突破口にしてほしい。愚痴を言っていても仕方ないんじゃない?って。あとは、私よりもっとひどい人もいるんだって安心してもらえれば嬉しいですね(笑)」

【関連記事】

別居婚もアリ!?乙武氏騒動にみるイマドキ夫婦の適正距離問題

女性国会議員に「選択的夫婦別姓」の賛否を聞いてみた
百恵さん“理想の夫婦”の原点築いた師匠の言葉が深い

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング